2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

昔のPCでのビジネスソフトを語るスレ

1 :ユーカラ:02/01/20 11:41

ワープロ・表計算・会計ソフトなど、昔の非力なPCで動いていたビジネスソフトを
苦労しつつも工夫でカバーしながら会社や学校で実務に使っていた方々が思い出を
語るスレです。


2 :ナイコンさん:02/01/20 11:43
そういえば、漢字プリンタが普及していなかったせいで、昔のワープロソフトは
みんな8ドットプリンタで漢字を印刷する機能がついていましたね。



3 :4倍角:02/01/20 11:44
お年玉で買ったよ。ユーカラK2。
まだワープロが目新しくて、学級新聞用の原稿作るだけで
おお!って、ヒーローになれました。

4 :ナイコンさん:02/01/20 11:49
>>3
やったやった、ワープロ原稿を学校にあった「トーシャファックス」っていう
ガリ版原紙にコピーする機械を使ってガリ版で刷ったよ。
それまで生徒は鉄筆でやってたからできが大違いだった。

5 :ナイコンさん:02/01/20 17:44
ワープロ・表計算・データベースがビジネスマン三種の神器と称されていた。
アメリカでWordStar/Visicalc/dBASE IIが普及していたことからだろうが、
日本では個人用途としてのRDBはまったくといっていいほど普及しなかったね。
せいぜい、だいぶ後になって桐がそこそこ売れたぐらいか。
表計算も1-2-3が認知されたぐらいで。
(8bit用の表計算ってなにがあったかね?)

やっぱり漢字処理がネックになったんだよなあ。
2byte文字を扱うだけで、単純に考えて倍の性能が必要になるから。

6 :ナイコンさん:02/01/20 19:35
データベースソフトのdBASE3は28万円という今からは信じられないような値段がついていた。


7 :ナイコンさん:02/01/20 20:05
松の初代が12万8000円、1-2-3 R2Jが9万8000円。
jxWord太郎の5万8000円が価格破壊と騒がれた。
Cコンパイラも20万ぐらいしてたころだからね。

ユーカラの88版は2万8000円だったか。98版も同じ?
これも比較的安い方で、他メーカーのは4万ぐらいしてたような。

8 :ナイコンさん:02/01/20 20:07
>>5
表計算はマルチプランでしょう、ソードのPIPSもありましたね。
ビジカルクの日本語版ってのはあったのかな?


9 :ナイコンさん:02/01/20 20:45
>8
Multiplanってそんなに認知されてたかなあ?
PIPSはたしかに、専用機とのセットで普及はしてましたね。
Visicalcの日本語版はなかったと思う。

当時の有名ソフトハウスが、ワープロの次はこれだと言わんばかりに
乱発したマイナー表計算ソフトもいろいろありました。
ジャストシステムの三四郎はいちおうまだ続いてるけど、
他に何があったか・・・「〜カルク」という名前は共通していたような。
LANCALCとかEPOCALCとか、オフコン系パソコン用の表計算もあったな。

MS-Works(DOS版)に対抗して1-2-3と一太郎のサブセットを
統合ソフトとして売っていたこともありましたね。今では信じられない。

10 :ナイコンさん:02/01/20 20:47
大型機にぶら下がってたのはマルチプランだった。
5550とか。

アンバーイエローのモニタに焼きついてたなあw

11 :ナイコンさん:02/01/20 20:55
アシストは?
ビル・トッテン氏は元気?

結果的には、ヘタレで終わったみたいだが。


12 :ナイコンさん:02/01/20 21:07
>11
とってんも元気みたいです。
アシストカルクありましたね。
市販アプリのくせにフリーソフトより表示が重いという。
(unixからの移植だそうだから、標準入出力でも使ってたのか?)

アシストワードもありました。EWというエディタにEG-Bridge組み合わせただけの。
EWはアスキーからVJE-βつきのThe WORD、開発元からEIつきのEWなど
いろんなバージョンでしつこく発売されてました。
当時のワープロとしては非常にシンプルで、エディタがわりに使ってました。
つか、多分今の秀丸より機能低かったと思う。

13 :ナイコンさん:02/01/20 21:23
>>12
いやーアシストカルクはよかったよ。
それ以外のアシストXXはしょうもないもんばっかりだったような
記憶があるけど。



14 :ナイコンさん:02/01/20 21:26
パッケージ・ソフトの価格破壊という意味では、アシストは
評価されていいと思うが、今でも続いていればの話だよな。

15 :ナイコンさん:02/01/20 22:29
一時期B'sがアシストのあとを受けた低価格路線でやってたと思うのだが、
Recorder関係とせいぜいCrewぐらいしか、もう見なくなったね。
シェアウェアとかオンライン販売の方に吸収されちゃったのかな。
比較的新しい話なのでsage

16 :ナイコンさん:02/01/20 23:37
>12
フリーソフトの本格的表計算ってありました?
米国のAs-Easy-Asとかですか?


17 :ナイコンさん:02/01/21 00:05
>16
画面表示方法の話なのでは?

18 :16:02/01/21 00:30
>17
足軽はたしかに重たかったけど、画面表示というより、
内部処理に時間がかかってる感じでしたけど。
VX21で使ってました。

その後、PentiumのDOS/V機で As-Easy-As を動かしたら、
もっと重かったような。



19 :ナイコンさん:02/01/21 03:26
ビジネスソフトを買ったことは皆無だけど、覚えてるのは
光栄のPC-8001用ワープロ
ASCIIでFM-8を紹介する記事の中で紹介された
 簡易ワープロのBASICリスト
FM-7に付属したコンピューターランド北海道の
 New-VIP(MZ用もあった)

20 :ナイコンさん:02/01/21 03:54
>>13
ワードはダメだと思ったけど、アシストレターは結構良かったですよ。
2020(笑)は今でも98noteで使ったりします。自作マクロが貴重だったりするんで。

21 :ナイコンさん:02/01/21 04:00
いまやPIPSもフリーソフトか・・・。
ソードの後J3100までこのために買ったのに。

22 :ナイコンさん:02/01/21 05:56
J3100ダイナブックを買ったが、一太郎やLOTUS1-2-3がメチャクチャ高かったので、
とても買えず、表計算はアシストカルク、ワープロはアシストワードで
やりくりしてた。
アシストカルクで売り上げ成績の集計をやったら、当時はまだノートパソコンが
珍しかったから、会社の人が感心してたな。



23 :ナイコンさん:02/01/21 06:19
>22
そのしばらく後、ノートパソコンブームに合わせて
FD1枚で運用できる1-2-3や一太郎のサブセットも出てたね。
1.2MBで辞書まで入ってたんだぜ。今考えるとすげえ。

24 :ナイコンさん:02/01/21 06:41
アシストは結局ACCS加盟してからおかしくなったのかな。
ま、アシストはそうホイホイとあぼーんする会社ではないけど。
切ないのでsage進行にしておく。
なお、社名の英文表記はしたのとおり。トッテン氏の意向。
○Ashisuto
×Assist

25 :ナイコンさん:02/01/21 07:25
JET-FMというワープロで、厨房のころ校内新聞の編集をしていました。
フォントが豊富で楽しいソフトでした。印刷は24ピン漢字プリンタ。


26 :ナイコンさん :02/01/21 11:50
ARUGA(P1.EXE)は使いやすかったな。

27 :中部圏:02/01/21 16:29
>>4
ユーカラK2のフォントで
ラジオDJのつボイノリオさんの会社で作成された
「女子高生文字」って云うフォントをいくらか忘れたけど買った
1フォント数万円の時代だったよな〜

28 :ナイコンさん:02/01/21 16:48
>27
そのフォントセットはユーカラじゃなくて、印刷工房って別ソフト用だったと思う。
16/24ドット漢字プリンタじゃない9ドットとかのプリンタで、ビットイメージで
漢字を出力する、一種のプリンタドライバ。今思うと先進的だな。
フォントをソフトで持っているので、手書き文字のセットとかを
サードパーティーが出す余地があったんだね。
つポイ氏自身の字も「下手文字」とかいって売ってたような。
そのシリーズは、1書体あたり数千円だったと思うけど・・・。

29 :ナイコンさん:02/01/21 17:22
「TAKERU」でもフォントを売ってたみたいだけど、あれは何用の
フォントだったんですか?


30 :ナイコンさん:02/01/21 20:41
TAKERUで販売してたのはX68000のTurboConsole(文字の描画の高速化プログラム
フォントを切り替える機能ももっていた)用と、DOS/V の $fontx.sys(DOS/Vの
フォントドライバ互換のフリーのフォントドライバ。フォントファイルのフォー
マットが公開されていた)用です。
販売していたフォントは作者さんが公開してます。
ttp://hp.vector.co.jp/authors/VA000874/F1/brfont1.html

31 :ナイコンさん:02/01/21 23:44
アスキーが販売してた「TheCARD 3」の中に、
「たかこへ」で始まるラブレターのようなポエムのような
文章がたしか10行くらい埋め込まれてた。


32 :ナイコンさん:02/01/22 00:27
PC−88で「P1」が出たときは驚いた。
88でDTPができることに感動しました
が、自分では買わず・・・。


33 :ナイコンさん:02/01/22 11:53
>26
ARUGA懐かしい。確か当時としてはアウトラインフォント
関係が充実していて、「一太郎を喰うか?」といわれて
たような。メニュータブも使いやすかった気が。

34 :PC-8801:02/01/22 16:20
JET-8801A。キャリーラボ。
ゲーム専用機と思われていたヲレの88の株がコレで急上昇した。
当時の98用ワープロと比較しても充分タメを張れてたと思う。
網掛けと外字に面白いものが多くてポストカード作成に重宝したよ。
その他の88ワープロで有名どころは「ユーカラK2(東海クリエイト)」
「即戦力(サムシンググッド)」「SUPER春望(デービーソフト)」
くらいか?P1はその発売当時PC-98の処理速度上昇、ソフトの機能上昇の
波にもまれて浮かばれなかった感が。286マシンで一太郎を触った人間が
使うとそのあまりの遅さに面食らってたな。まぁしょうがない。

>>26
P1.EXE上でフラッピーばかりして遊んでいました・・・。

35 :まちゅ ◆VcvMACHU :02/01/22 16:36
おお、キャリーラボ!
おいらは、FM77AV40用のJET-77A Elieってやつ使ってた。
学校のレポートとか手紙とか全部これでやってたなあ。

あとこれにパソコン通信機能が付いてたので、東京から熊本のホスト
(キャリーラボはたしか熊本)までつなげまくって電話料金が莫大になって
めちゃ怒られたYO!


36 :ナイコンさん:02/01/22 21:16
SUPER春望とP1を使ってた。当時高校生だったが、弟と妹が中学生だったので
親のPTAのプリント作成で株を売っておいたりした(笑)。P1は、ページまたいで
枠線引くと暴走したりしたけど、あれって俺だけだったのかな…

37 :ナイコンさん:02/01/23 11:17
>>28
印刷工房懐かしいねえ。
漏れは5種類くらいフォント買ったと思う。
PC-PR201のフォントが22ドットのヘタレ明朝だったから、
印刷工房は重宝したよ。
おかげで、ワープロはあんまり使わなかった。。

38 :ナイコンさん:02/01/23 19:25
昔はアプリにMS-DOS 2.11(のサブセット)がついてきたんだよねえ。
アスキーとMSが喧嘩別れしたときに、別売りするようになった。
最初は死ぬほど不便だと思ったが、ハードディスク使うようになって
ようやく分離した意味が理解できたというか、それまでの異常さに気づいた。

39 :ナイコンさん:02/01/23 19:30
親に昔マルチプランを使って家計簿をつけさせられた覚えがある。

>>31
俺はThe CARDを今でも使用しています。

40 :ナイコンさん:02/01/23 19:43
>>27>>28
乱筆くん。まるみちゃん。丁寧くん。リア厨で買えなかったよw
#つボイ@ラジオオモロイね enban.net

>>36
漏れも88でユーカラK2→SUPER春望→P1使ったよ。

41 :ナイコンさん:02/01/23 19:48
>>40
つボイノリオ商店だよ〜ん。
「手書き連合」というタイトルだった。

聞けば聞くほど手書き連合←気にしないでね。

42 :印刷厨房(w:02/01/23 23:01
ペンネーム『うらおもてヤマ猫』(当時女子高生)さんの字が
『まるみちゃん』だって事が強く印象に残っとる。
『ていねい君』は誰だったかいな?

43 :恍惚の人:02/01/24 03:40
8Bit時代は「漢字プリンタ」っても16ドットフォントだったりしてとても使えなかったね。
ワープロ専用機は24ドットだったけど。そのころ唯一24ドットフォントが打てたパソコン用
プリンタのEPSON MP-130Kは55万円。うちの親父が大枚はたいて買ったのがまだ動くので怖い。

44 :ナイコンさん:02/01/24 07:33
>>34
88のJETは今までのJETとは一線を画したからなあ。
MZ使いのヲレから見たら羨ましかった。MZのJETも相応以上動いてくれたけど。
MZのJETでは漢字変換は辞書を呼び出してから変換する方法だったんです。
turboも使うようになってからJET-X1にそっこー乗り換えたけど。
しかしキャリーラボは放漫経営であぼーん。

45 :ナイコンさん:02/01/24 08:49
Carry lab.のワープロか何かのエンジンがdB-Softのそれのモロパクリだったのがバレて、あぼ〜んされた気が…。

46 :ナイコンさん:02/01/24 09:36
>>45
それ逆じゃなかった?

ちなみに俺はMZ-2000でJETを90年ごろまで使ってたよ。
プリンタまだ動くかな?


47 :ナイコンさん:02/01/24 11:31
>43
16ドットのワープロ専用機ってのもあったよ。板違いになっちゃうけど。

48 :ナイコンさん:02/01/24 19:23
そいや、根こそぎあぽーん >> ワープロ専用機

なぜなんだろう?


49 :ナイコンさん:02/01/24 20:24
>47
板違いって言うか、ワープロ専用機の板ってあるのか?(汗

>48
なぜって、そりゃ使い道がないからでしょ。

50 :ナイコンさん:02/01/24 20:31
てにをは、アウトライーン♪

(゚д゚)スゲーとオモタヨ。

51 :ナイコンさん:02/01/24 21:28
>>45
dBの春望がCarryのJETの辞書をパクった、が正解

52 :ナイコンさん:02/01/24 22:00
パクったほうが生き残って、パクられたほうがあぼ〜んですか。
諸行無常よのう(`д´;)

53 :ナイコンさん:02/01/24 22:48
ギャプラスのプロテクトで精根使い果たした?


54 :ナイコンさん:02/01/24 22:52
そのdBも今やあぼ〜んか。
本当に諸行無常だなぁ。

55 :ナイコンさん:02/01/24 23:23
東海クリエイトはまだあるんだろうか?

56 :株式会社クレオ:02/01/24 23:45
>>55
これ!わが社の「筆まめ®」を忘れちゃいかん。


57 :56:02/01/24 23:46
ということで気を取り直して、
東海クリエイトはクレオに社名変更して現存です。

>>54
デービーあぼーんしたの?


58 :ナイコンさん:02/01/24 23:52
クレオって、筆まめ以外のソフトはあるんですか?
(これって禁句?)

59 :ナイコンさん:02/01/24 23:56
firstclassも取り扱ってたよね。
今ではすっかり見る影もないけど。


60 :ナイコンさん:02/01/26 21:30
>>58
一応一般向けは「筆まめ」くらいじゃないの?本業は企業向けのシステム開発とかだから。
「筆まめ」もモーリンが開発したものを自社ブランドで売ってる訳だし。

61 :ナイコンさん:02/01/27 12:48
今では、Winのソフトだと思われてるExcelは最初、Macでしか使えなかった。

俺はそのためだけにMacIIciを買ったんだよ…なんつー時代だ今は。

62 :ナイコンさん:02/01/27 13:26
第3世代表計算と言われてたんだよね>Excel

第1世代→Visicalc (Apple][, 8bit) 表計算機能のみ
第2世代→1-2-3 (IBM-PC, 16bit) FFDB,グラフ機能等統合
第3世代→Excel (Macintoshi, 16/32bit) GUI, WYSIWYG

その後、当時のWS対応で表の概念を多次元に拡張した
第4世代と称するソフトも出たが、主流にはなり得なかった。
複数ワークシートで擬似的に3次元演算はできるようになっただけ。

マシンの名前は代表的な対応機種だが、同時にこの表計算ソフトが
キラーアプリケーションになってビジネスシーンに普及した
マシンでもある。Macはその後、PageMaker, Photoshopが
キラーになってDTP用途に特化していくわけだが、
もしかしたらビジネス主流になり得ていたかもしれない。

63 :ナイコンさん:02/01/27 21:35
そうそう。
ビル・ゲイツが大のマックファンだったことは有名だが、後年Appleに対する
資本参加も独禁法対策という大方の意見がある反面、個人的にはAppleを潰し
たくなかったんじゃないかという気がしなくもない。
Jobsは、ビルとは対極にある人物と思われている節があるが、私はビルと似た
者同士じゃないかと思う。少し違うのは、ビルがあくまでもプログラマーだった
ことに大して、Jobsはプロデューサーだったことかな。

それにしても、もしIBM-PCにモトローラのMPUが載っていたら、歴史は変わって
ただろうなあ…

64 :ナイコンさん:02/01/28 14:20
ATOK6の辞書ファイルはHDDの前の方に収納。これビジネスの常識ね。

65 :ナイコンさん:02/02/05 07:23
Z'sWORD JGってかなりすごいソフトだったと思う人の数→

ちゃんとWinに移植されてれば、日本のDTP環境もかなり変わっていたろうに。

66 :ナイコンさん:02/02/05 21:15
>>65
花王のフロッピーディスクに体験版が付いていたので遊んでいました。
なぜかちゃんと動作するFEPも付いていたし(コピーライトにasciiの
文字が入ったVJE-Σだったような)。DOSも2.11が付いていたような記
憶が...

とりあえずJGに一票。

# ところでツァイトって、どうなったの?

67 :ナイコンさん:02/02/05 22:17
JGは、V30でも使えないことはないぐらいの範囲でフルビットマップのテキストと
日本語前提のレイアウト機能を実現していた。少なくとも当時はPageMakerより
使い勝手という意味でははるかに優れていたと思う。

日本語組版といえば、ジャストシステムの大地もあったな。
専用機じゃなくてWindows対応のVer.2というのもあったはずだけど、
あれこそ今出してくれないものか・・・。

>66
ツァイトは・・・KiDのフルカラー対応版を出したあたりまでは覚えてるんだけど。
「ねじ式」のゲーム作ったりしてたな、社長の趣味だかで。

検索してみたらこーゆーことらしいですが。
http://www.watch.impress.co.jp/pc/docs/article/970811/zeit.htm

68 :ナイコンさん:02/02/05 22:41
>>54
デービーソフトを勝手にあぼーんしてはいけません。
パクリもうまくやれば企業が生き延びる道。
ttp://www.db-soft.co.jp


69 :ナイコンさん :02/02/05 22:49
初めてのワープロは一太郎V3。ドットプリンタで時間がかかるので、プレビューをよく確認してから、印刷していた。

最近はとりあえず印刷しといて校正。紙ゴミがやたら増える。


70 :ナイコンさん:02/02/05 23:30
一太郎はプレビューがあるだけいいではないか。
アシストワードにそんなもんなかったyo!

<倍><角>

71 :ラウンドシステム研究所:02/02/06 00:08
電波ゆんゆんな会社。
---
(ご注意)
当社のソフトのレンタル、コピイ販売、用紙の複製、商標の無断使用はバチが当たります。
※ご注意:テレビ元帳は当社の創作語で商標登録申請済です。(勝手に使う人の知的水準を疑います)
---
ぶったたくのはあまりよろしくないです。つぶれていないから。
ttp://www.roundsystem.co.jp


72 :69:02/02/06 22:00
>>70 スマソ

73 :ナイコンさん :02/02/06 22:02
フリーのワープロソフトあったよね。90年頃。名前忘れた。

98用の・・・・なんだったっけなぁ。

一太郎DASHみたいな感じでなかなかよくできていたんだが。


74 :66:02/02/06 23:50
>>67
情報Thanx。やっぱりASG(i4)と関係があったのですね。でも青林堂
が関連会社だったというのは知らなかった。

ちなみに、2年ほど前にいた会社では、JGを現役バリバリで使って
いた部署がありました(使っていた人は「98が捨てられん」とか言っ
ていました)。

75 :ナイコンさん ◆aKK3yJRE :02/02/07 23:51
「Fantavision」知ってますか?
花火ゲーム?と思った人は此板の滞在資格から大きく逸脱している恐れ。
俺的にブローダーバンドの代表作といえはロードランナーとコレ!みたいな。
ビジネスソフトというよりかはエンタメ・教育系統のソフトなんだろうけど、
「CAI・教育ソフトを語るスレ」とか立てても閑古鳥だろうし。
PC-9801VM全盛時代に今のFLASHみたいなアニメが動いてたのは厨房にとっては
感動であったよ。教師が今でいうところのパワーポイント代わりに使ってたな。
無駄に文字がモーフィングアニメーションしまくって変な感じだった。
今でも持ってる人おるんかいな。

76 :ナイコンさん:02/02/08 00:43
>>68 初めて使ったワープロソフトが、88VAと一緒に買った
P1.EXE(c)デービーソフトだったなあ。
結構画面も見やすいし、使いやすかった。
スター精密の熱転写プリンタと一緒に大活躍だったYO。
今はオフィス、ワードばっかだけど

77 :ナイコンさん:02/02/08 02:44
>>74
経営難だった青林堂を買収したんだけど、本業がやばくなって、
青林堂が分裂したときには山中氏は精神状態がおかしくなってたらしい。

78 :板違い発言 ◆O9l/JYzg :02/02/08 04:39
>>77
本業がヤバくなった大きな原因の1つ「デジタルガロ」の
表紙モデルを蛭子能収にした呪いだとも(藁

79 :ナイコンさん:02/02/08 04:58
>>77
ねこぢるが自殺したのが一番大きい原因だときいたが?


80 :ナイコンさん:02/02/08 16:39
JGのWindows版が出てたら歴史が変わっていたに同意。

81 :ナイコンさん:02/02/16 08:35
砂漠の熱い風シロッコ。
そのまま吹き抜けていっただけという。

最近はVaporwareってあんまりないね。
多少発売が遅れることはあっても、予告だけで消えちゃうってない。

82 :ナイコンさん:02/02/16 08:36
>>71
やっぱり今見てもこの会社は電波ゆんゆん。昔ほどではないが。
でもこのネタ、ちくり裏事情向けかな。すぐに下がるとは思うけど。


83 :ナイコンさん:02/02/21 22:25
>>73
「A−WORD」かな?
一太郎風の操作感覚だった記憶がある。

84 :ナイコンさん:02/02/23 12:53
テラ3世。
高校の情報処理の授業でFM16ベータで使ってたワープロソフト。
使いづらくて、ワープロ検定受かるか心配だった。

85 :ナイコンさん:02/02/23 17:27
>84
実務でちょっと使ってた。後になって思うと、松にそっくりな操作性だったのかと。
ただBASICベースだったので、マルチプランなどDOSベースのアプリケーションと
併用して使えなかったのが辛かったよ。
その後出たテラQueenはかなりよかったが。

テラの原型って、たしか高校生が独力で作って売り込んだもんじゃなかったかな。
当時はまだ、そういうことができる時代だったんだね。

86 :ナイコンさん :02/02/23 18:31
三太郎

87 :ナイコンさん:02/02/23 23:03
キャリーラボのJET−8801A
なんで無くなったんだキャリーラボ


88 :ナイコンさん:02/02/24 23:10
>>87
考えられる説
・社長の放漫経営
・98時代に乗り遅れた
・その98のギャプラスのプロテクトで精根使い果たした
・辞書をデービーソフトにパックンチョされた


89 :ナイコンさん:02/02/24 23:20
>>88
たしか営業と開発のあいだの仲がかなり悪くなって、それじゃ解散しよう
ということで消えたらしい。
#開発者の一人がXML関連の会社を新たに立ち上げているらしいが

90 :ナイコンさん:02/02/24 23:41
嫌だ!!
戻ってきてキャリーラボ!!!


91 :ナイコンさん:02/02/25 08:48
>>89
ここですね。
ttp://www.infoteria.com


92 :ナイコンさん:02/02/25 18:55
PC−9801Eに大塚商会の「PC−PAL日本語」っていう組み合わせ。
昭和59年頃だったかなぁ?8インチフロッピーだった。
これ使ってた人いる?よくできたソフトだった。BASICじゃなかったっけ?
つい2〜3年前まで使ってたよ(w

93 :MS-MONEYマンセー:02/02/25 23:31
DOS時代って、いい家計簿ソフトあった?

94 :ナイコンさん:02/02/25 23:37
家計簿ソフトならいろいろあったよ。Windows版にバージョンアップして
続いてるのもあったはず。
DOSの古い版と今のMONEYを単純に比較できないのは当然だが。

95 :ナイコンさん:02/02/26 03:33
>>75
Fantavisonの98版かぁ。懐かしいなぁ。
Mebiusの添付ソフトにEVAアニメータというのがあるのだが、
これが、Fantavisionのまんま。なんだよね。モーフィング
するアニメーション。実はこっちに今はまってます。

板違いでスマソ。

96 :ナイコンさん:02/02/26 04:38
>>75,95
FantavisionってオリジナルのApple版しか使ってないんだけど、98版って解像度と色数増えてるのかなあ?

うちも、ふぁんたPS2で出すの?ブロダバンドってまだやってたんだ(実際にはグラフィックツールやプリントショップで
生き残っています)と勘違い。でも、花火もモーフィングなので遠い親戚と思いましょう。

97 :ナイコンさん:02/02/26 23:29
>>83

きっとA−WORDだね。SE3ではないよね。あれエディタだし。
今で言うならbeatwordかな?


98 :ナイコンさん:02/03/12 20:50
ハイパーキューブは板違いですか? あ、教育ソフトか。

99 :ナイコンさん:02/03/12 21:14
JET-2200A(だっけ)で罫線引いたときの遅さは地獄だった

100 :ナイコンさん:02/03/12 23:32
>>98
山のような機能を全然使いこなせてないオッサンたちを見るにつけ
ハイパーキューブで充分じゃんと思う。
今はWindows版もあるし。


101 :ナイコンさん:02/03/13 00:17
今やハイパーキューブもネットワークに対応してるんだよな・・・
ttp://www.suzukisoft.co.jp/products/cube_s/cubenet00/cubenet01.htm

102 :13:02/03/13 15:08
漢字OKの8bit機用データベースって88用に2,3本くらいあっただけ?


103 :ナイコンさん:02/03/13 20:19
>>102
CP/Mのdbaseは?

104 :ナイコンさん:02/03/13 20:44
X1ターボやFM77AV40にもあったと思うが・・・


105 :ナイコンさん:02/03/14 01:07
カード型データベースならいくつかあったような気がするが。
Ninjaのシリーズとか。(名前まで覚えてねえ)
p1も統合ソフトとして簡易データベース機能なかったか?

106 :ラウンドシステム研究所:02/03/14 19:36
ラウンドシステムよりマイコン界正常化について切なるお願い!!(多少遠慮して)
コンピュータがメシより好きな人々の集まりへ、金儲けのプロが土足で入り込んで来た様な
マイコン界は何とかならないでしょうか?メーカーは競争相手だけ意識して変わりばえしない
新製品ばかり出しているし、ソフト界は使えもしないものを売ったり、コピィ販売は常識では、
この面では、未だ低開発域です。マイコン位被害者の出る商品は他にありません。これでは
真面目な販売会社や、ソフト会社は経営不振になるのは当然です。悪貨が良貨を駆逐する時代が
早く終わるようマイコンを愛するものの一人として祈らずにはいられません。
ラウンドシステムは、当社のソフトのユーザへのサービスを第一と考えています。
---
強いデムパが出ています。


107 :13:02/03/21 23:44
>>105
Ninjaは8ビットか?
そういえばOS−9で一つ本格的なRDBがあった筈
dBaseII on CP/M はカナ文字まで


108 :ナイコンさん:02/03/21 23:53
HAL-NOTE最強

109 :ナイコンさん:02/03/22 00:22
>>106
ある意味真実ではあるな。


110 :ナイコンさん:02/04/10 22:35
ATOK15使ってみたら、いつのまにかかなり完璧になってるんで驚いた。
これマジでいいわ。

SCSI HDDにインストールするとFATぶっ壊してくれたのって、ATOK7だったかね。
ずいぶん進歩したもんだな・・・。

111 :ナイコンさん:02/04/10 22:38
>>!10
HDDをぶっこわすのはATOK6ですね。馬鹿だったからSASIのFAT12決め打ちで造られているのでSCSIのトランスレーションでひっかかり壊すんでしょう。
容量が大きいSCSIはFAT16ってのがふつーでしたからね。

112 :sage:02/04/14 01:55
将軍・・・


113 :鬱じゃ:02/04/14 02:01
ミスった・・・

114 :ナイコンさん:02/04/14 03:47
MSXのヤマハのワープロソフト。
単漢変換で素晴らしく使い辛かった・・・・・・。

115 :ナイコンさん:02/04/14 09:27
板違いですが、会計用PCで多分初めてかと思われる、
電話回線でデータを送受信する会計用PCを仕事で使っておりました。DOSでした。
10年位前でしたでしょうか?
メイン機はオリベッティーで、初めて見たときはどきどきしました。
が、会計処理もワープロ機能もめためたでした。
ブランクが開いたので、今では当たり前にあるので普及したなと。

116 :115:02/04/14 09:36
私の日本語がめためたでした・・

117 :ナイコンさん:02/04/14 16:52
ニチコンが発売していたPC-9801用の日本語ワープロソフトで
「漢神」ていうの使ってたな。
あの時は8インチディスクで単漢字変換だった。
その後にジャストシステムの「JXWord太郎」へ乗り換えたけど。


118 :ナイコンさん:02/04/14 18:38
98の8インチで単漢字ってのはひどいな。そんなひどい代物だったっけ?
熟語変換ぐらいは常識化していたと思うんだが。

119 :ナイコンさん:02/04/30 16:35
Win3.0出たときにAmiPro買ってしまった・・・・・
今でも使ってる(ウツダ!)

120 :ナイコンさん:02/07/04 08:34
あげ

121 :ナイコンさん:02/07/06 12:05
ちょっと新しめだけど、Newオーロラエース使ってマスタ。

122 :ナイコンさん:02/08/08 12:07
age

123 :ナイコンさん:02/08/08 14:54
やっぱり表計算と言えば マルチプランでしょう

124 :ナイコンさん:02/08/11 04:31
>>121
漏れも使ってました。
サムシンググッド製品は安くて軽くてよかったよね。
FEPもしばらくKatanaを使ってたんだけど、さすがにもう開発してないんだろうな。

125 :fdさ:02/08/11 21:06
感じロム万背

126 :ナイコンさん:02/09/07 13:04
>106
懐かしい名だ MZ80C でいろいろ教えてもらったよ
なんせソース付きだったもんな 32KB程度の主記憶にインデックス
をキャラクタ化して突っ込んで検索なんてね
演算誤差の出ないSP6110がなければ経理の人間にパソコン信じさせ
るのも無理だった おもしろい時代だったね

127 :ナイコンさん:02/09/07 21:17
ユーザ名 : uni
アクセスレベル : Human
オンライン時間 : 2:06:54
入室チャンネル :
状態 : Remote
共有ファイル数 : 166
現在のダウンロード : 0
現在のアップロード: 0
接続種類 : DSL
クライアントバージョン : WinMX v2.6j Notice:



128 :ナイコンさん:02/09/09 01:34
Execel 4とかってダメ?

129 :ナイコンさん:02/09/09 02:29
98用のフリーの表計算といえば
CALPETというのがあったはず。
新しいネタでスマソ。

130 :ナイコンさん:02/09/11 21:56
表計算っていえばビジカルク、1−2−3、エクセルって感じですか。
マルチプランや日本ではPIPSもありました。
エクセルって最初はMAC版だったね。ロータスがMAC用にJAZZ
出してこけてる間に、MSがEXECEL出してシェアをとってた。


131 :ナイコンさん:02/09/22 12:17
ビジカルクってフリーっぽい?

132 :CGマン:02/09/22 19:11
昔PC98で家計簿「やりくり上手」というのがあったがファイルが潰れてしまい
一年分のデータが消えた。
初めて買ったワープロソフトがクレオの「ユーカラWAVE」絵もかけたし
ワープロもできた。メニューがかなり多かったが重宝した。

133 :ナイコンさん:02/09/22 19:24
ガイシュツ?
http://ascii24.com/news/i/topi/article/1999/08/06/603829-000.html


134 :ナイコンさん:02/10/14 17:22
まだ、「松」使ってます。
DOS/V だと V-TEXT で 800×600で使えるのが嬉しい。

松風じゃない「松 for Win」を出して欲しいと願うのだが、
もうそんなユーザはいないのだろうと、
今は諦めて MIFES for Windows Ver.6 に移行中。
グローバル検索がお気に入り。

135 :ナイコンさん:02/10/18 00:11
ユーカラもWindowsへの移行で失敗だったよね

136 :ナイコンさん:02/10/18 00:39
ロータス使ってレポート書いた時の感動は忘れられない。
ただいじってたんじゃ使い方全然わからんかったので
(/でメニュー出すとか^や”で位置決めとか)
本見ながらいろいろやったが
計算式を一個書いてそれを全行にコピーすると
2〜30個のデータを計算値出すのにいちいち電卓打たなくても瞬時に値出たり
自分で「5〜6辺りから0点を取るややこしいグラフ」
(初期点は端すぎだからってボツ食らわされる・・・)
で数値さがしてひーひー点打って線を引く苦労も無くなって

すんげえレポート効率が上がった大学時代。

137 :ナイコンさん:02/10/18 22:10
1−2−3かあ
処理中の黄色いインジケーターの
いつまで続くかわからない点滅を
見つめ続けた日々…

138 :ナイコンさん:02/11/16 18:31
一太郎dashで半改行、2/3改行、無改行で重ね印字、外字、上・下付き、密着割付、
その他もろもろ駆使して複雑な数式を印刷してました。分数とか∫とか。
下手な数式専用の機能を使うよりも融通が利くので便利だった。

139 :ナイコンさん:02/12/01 09:05
スーパー春望

140 :ナイコンさん:02/12/01 09:44
松下のMSXに搭載されていたワープロソフトで
客先提出用の書類を作ってたのは漏れだけか?

141 :ナイコンさん:02/12/04 16:55
>>134
「松風」って、知らない?「松」とは似ても似つかぬソフトになったけど。
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/970702/n707022.html


142 :141:02/12/04 16:56
「松風じゃない」と言ってましたね。失礼しました。_(_^_)_

143 :山崎渉:03/01/13 21:49
(^^)

144 :ナイコンさん:03/01/28 22:31
>>138
もう 138 さんはこのスレを見てないかもしれないけど、中学・高校時代の数学のテストが
そんな感じだったなあ。

もしあの時代に戻れたら、数学の先生たちに TeX の存在を教えてあげたひ。

145 :ナイコンさん:03/02/12 22:45
はじめて、パソコンのワープロソフトはアイ企画の文筆です。
恐怖のリターンキー
文章を入力して最後になにげなくリターンキーを押すと
その行の入力した文字が全部クリアされていつも困りました.
それから、わからないところがあって、アイ企画のところへ行った事があります。
大阪のマンションのその階の部屋を何室ももっていました。
若いプログラマーに教えてもらった記憶があります。
よき、時代でした.

146 :ナイコンさん:03/03/06 20:58
おれは松
よく使った。
会社ではまだ使っているよ。

147 :ナイコンさん:03/03/06 21:09
>>146
俺はもうPC-98がないし、プリンタもMS-DOSで動くのがない

148 : :03/03/06 22:47
  ∋8ノノハ.∩
   川o・-・)ノ <先生!こんなのがありました!
__/ /    /   
\(_ノ ̄ ̄ ̄\
||ヽ|| ̄ ̄ ̄ ̄||
 ...|| ̄ ̄ ̄ ̄||
http://saitama.gasuki.com/shinagawa/

149 :ナイコンさん:03/03/11 07:41
>>147
MS−DOS と DISKBASICで動くプリンターあるよ。
CANON BJC−420J 430J 455J 465Jなど
中古で3000円以下で手に入る.
ドライバーはWEBからダウンロード OK
よろしく !!


150 :ナイコンさん:03/03/22 20:22
>>149
サンクス!
参考になりんした。

151 :ナイコンさん:03/03/23 01:39
DOSの頃の最後の方って桐でよく組んでたなぁ
DBソフトとは思えぬ柔軟性で項目の追加・削除・属性変更が
自動一括処理(マクロみたいなもの)で出来て、外部データの
取り込みも簡単。
なんと言っても入出力のインターフェイスが標準で付いてて
開発では助かった。
DOSの頃なにが面倒かと言えば入出力のインターフェイスを
自作しなくちゃいけないのが一番面倒だった。

今じゃWEBアプリやってるが隔世の感があるよなぁ。

152 :ナイコンさん:03/03/27 00:16
ワープロと言えばVJE-Penは使い倒したソフトだったなぁ。
表計算は1-2-3とMultiPlanの両刀使い。
データベースではdBASE互換のQuickSilverってので業務ソフトを書いていた。
dbXLはなんか馴染めなかったな。

ああ、思い出してきたよ。安月給で働いた若かりし日・・・
15年ほど前にDISで働いていた奴らよ、誰か見てないか?
元気でやってるか?
Iチーフはその後離婚とかしてないか?w

153 :ナイコンさん:03/04/08 17:10
「Excelって使ったことある?」
「一応…」

「私 まだ使ったことないねん」

「例えばそれはMultiPlanをExcelとか言われても、簡単に納得できるほどのもの?」
「え…」

「ExcelはMultiPlanとはぜんぜん違う…」アンマリニテナイ
「えーっ そうなんか!?」

「しまったー 今までExcelはMultiPlanの発展型で想像してた」

「これは考えを改めなあかん」


154 :山崎渉:03/04/17 12:11
(^^)

155 :山崎渉:03/04/20 06:09
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

156 :山崎渉:03/05/28 17:14
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)