2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【GPL】ライセンス問題すれ 2【BSDL】

1 :login:Penguin:03/12/08 02:51 ID:JCy8yByd
ライセンスのついて語れ。
各ライセンスの条文を読まずに妄想で語る方は遠慮願います。
また読んで理解できなかった方も遠慮願います。

前スレ
http://pc.2ch.net/test/read.cgi/linux/1037015552/

2 :login:Penguin:03/12/08 02:54 ID:rICYApx3
2げと

3 :login:Penguin:03/12/08 04:00 ID:bINrtkjF
ちょうどフォントレンダリング絡みのアプリ作ってるところで、
フォントのライセンス関係調べる必要があるからタイムリー。


4 :login:Penguin:03/12/08 11:32 ID:nvKwsn7x
さまざまなライセンスとそれらについての解説
http://www.gnu.org/licenses/license-list.ja.html

GPL FAQ
http://www.gnu.org/licenses/gpl-faq.ja.html

フリーソフトウェアと自由な社会
ttp://www.ascii.co.jp/books/detail/4-7561/4-7561-4281-8.html

(前スレ>>817-818dX!)

5 :login:Penguin:03/12/08 18:47 ID:U63ZSRsM
GPL(v2)について
http://home.catv.ne.jp/pp/ginoue/memo/gpl.html

もどうぞ。

>>前997
>もー。あーいえばこーいうんだから。やってらんねー。

さあ、ここでモナーの登場です! ↓

6 :前スレ961:03/12/08 18:53 ID:f8h0B0Xq
俺もいいかげんライセンス自体の話から離れすぎだと思うんで、
そろそろ退散することにする。最後にID:e0zaEKM1に一言。

パッケージ販売に比べればネットワークで流通コストを下げることが可能でも、
情報の流通がコストゼロというのは幻想だ。
だからこそ帯域屋や情報システム屋の商売が成立する。

というのも、ネットワークを使っても流通の総コストは流通量に対して定数じゃない。
流通量を増やそうと思えば、当然、流通の総コストも増大する。
だから流通量を極大に持って行っても、流通の単価はゼロにはならない。

そして流通の単価が十分に低くなるような十分に大きな流通量の値が存在しても、
分子にあたる「流通の総コスト」を支払う能力が提供者になければ、
また、その流通量を実現するインフラ技術が存在し実装されなければ、
現実世界ではその値には意味が無い。

例えば、インターネットの構築/維持管理/増強に投下されてきた、また、
これから投下しなければならない資本は決して無視できるものではないだろ?
誰がそれを支払うんだい?


7 :login:Penguin:03/12/08 19:01 ID:e0zaEKM1
>>6
もちこさないと宣言したので、これで本当の最後にしますが、それ全部固定費用です。
10000ダウンロードが10001ダウンロードになっても追加的な費用は発生しませんよね。
完全競争市場では消費者に転嫁できません。
平均費用と限界費用をいっしょくたに議論しちゃいけませんよ。

それじゃ失礼。

8 :login:Penguin:03/12/08 19:36 ID:e0zaEKM1
さて、まったくの別件。

前スレで、
----
From: [888] login:Penguin <sage>
Date: 03/12/04 12:29 ID:xfT7Jf+v

>885
GPLなLinuxでSD部分だけソース非公開みたいなのって、可能なの?
----
という疑問がでてたけど、それに関してlkmlで議論があった模様で、
http://kerneltrap.org/node/view/1735
に一連の議論が転載されている。


なんかLinusは(一部の例を除いて)不可能と言ってるように思うのだが、皆様の意見はいかに?

9 :login:Penguin:03/12/08 20:11 ID:/n3vTpUP
同意

-----終-----


10 :ヽ(´ー`)ノ:03/12/08 20:23 ID:iMoww58X
kernel trap で Linus が提示してる、
 ttp://www.kernelnewbies.org/kernels/rh9/SOURCES/COPYING.modules
…で答えは出ているんじゃないの?

議論するまでもないよ。

11 :login:Penguin:03/12/08 22:05 ID:KypTRq9Z
じゃあSharpはGPL違反していることになるの?
ttp://developer.ezaurus.com/sl_j/source/source_dl.htm


12 :login:Penguin:03/12/08 22:47 ID:r4wTWj1v
>>11
sharpは公開したいのでsdのライセンス元と交渉中、ちょっと待っててね、みたいな書き方になってたはず。


13 :login:Penguin:03/12/09 00:04 ID:Nge5mrT6
>>10
でも、>>8 のページでは、include file をクリーン
ルームで再実装した場合には該当しない可能性を指摘してる人もいるよ。
シャープがそこまでやってそうな気はしないけど。

Linusもgrey zoneがあるという言い方をしてるので、「答えは出て」いない
ように見えるけど。どこまでが derivative work かは、実は裁判して
みないとわからなかったりすんじゃないかな。


14 :login:Penguin:03/12/09 04:32 ID:+sLeqr7q
> 10000ダウンロードが10001ダウンロードになっても追加的な費用は発生しませんよね。

コノヒト、ホンキデイッテルノカ?・・・
サーバ屋ナメスギ

> 完全競争市場では消費者に転嫁できません。

判例ガアンナニ出サレテルノニ、マダイッテル・・・

15 :login:Penguin:03/12/09 04:33 ID:+sLeqr7q
> 判例ガアンナニ出サレテルノニ、マダイッテル・・・

判例ジャナクテ反例ダッタ・・・

16 :login:Penguin:03/12/09 09:02 ID:M6Z+Es/Z
>>14
会計書類とにらめっこした経験のある人なら >>7 の言ってることは
当たり前だと思うけど。しかし、だから何? って話ではある。


17 :login:Penguin:03/12/09 10:06 ID:M0VaLgqt
【Internet Week 2003レポート】OpenSource Way 2003(2)
- 小倉氏講演 GPLと日本法の整合性
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2003/12/08/28.html

18 :ヽ(´ー`)ノ:03/12/09 10:47 ID:SH4p1Ix3
>>13
それは分かってるけど、判例が出てないものをここで議論しても
議論のループへの燃料にしかならんと思うよ。


19 :login:Penguin:03/12/09 12:41 ID:o2k1q+4Z
はっきりしちゃって、もしソースの公開が必要になるのは困るから
なーなーで済ませてるって事?


20 :login:Penguin:03/12/10 01:12 ID:Bt2hOwcz
誰か前スレをウプしてくれるとありがたいんだけど
神よろしくお願いします。

21 :login:Penguin:03/12/10 01:16 ID:Bt2hOwcz
>情報の流通がコストゼロというのは幻想だ。
んじゃ、具体的な値を計算を見積もってみてはどうだろうか?

確かにサーバー代を考えれば、ゼロじゃないような気もする。
しかし、無償で配っている人達がいるのだから
ゼロかもしれない。
ゼロじゃなくて、30円って言っても
1万円のソフトウェアなら0に等しい。
逆に10円なら、30円はでかい。

途中で議論をやめるなんていう無駄な事はしないほうがいいと思う。
時間がないなら、仕方が無い。
余力があれば、いろいろな考察が聞きたい。
結論はでなくとも。

22 :login:Penguin:03/12/10 04:35 ID:XO92DERr
サーバーをベストエフォートにすればかなりコストは下げられるかもね。

サーバー用に特別なマシンを用意したりレンタルするのではなく、
業務に使用するマシンと回線のあまっている部分をサーバーに利用し、
クライアントが増えれば落とせない。サーバーがダウンするかも知れない。
トラブルがあっても迅速な解決はしない。手が余っている人間が暇なときに修正する。
でも文句は受け付けない。

これが許されるならね。
サーバー代も人件費もゼロにしたいならこういうことになるだろう。

23 :login:Penguin:03/12/10 04:55 ID:t1mGx7M/
>>22
> サーバーをベストエフォートにすればかなりコストは下げられるかもね。

論旨には賛成だが、それを「ベストエフォート」と呼ぶのには抵抗がある(W

24 :login:Penguin:03/12/10 05:40 ID:cXJxhedd
マクロな議論とミクロな議論と企業会計の議論を分離して
相互相関を無視すれば、GPLの勝ち。
相互作用考えると、GPLは居てもいいけど商売の邪魔するな
が全体多数の最大幸福が導き出されるので、GPLウザイ派が勝つ。





25 :login:Penguin:03/12/10 07:30 ID:ZWtwp0CQ
>>24

http://www.google.co.jp/search?q=%E5%85%A8%E4%BD%93%E5%A4%9A%E6%95%B0%E3%81%AE%E6%9C%80%E5%A4%A7%E5%B9%B8%E7%A6%8F&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

http://www.google.co.jp/search?num=50&hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E7%B5%B6%E5%AF%BE%E5%A4%9A%E6%95%B0%E3%81%AE%E6%9C%80%E5%A4%A7%E5%B9%B8%E7%A6%8F&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

26 :login:Penguin:03/12/10 07:49 ID:sGg25tF6
>>24
GPLが商売の邪魔? おいおい、そんな事を言い出したら、そのうち
「金は商売の邪魔!
他所さんが金を持ってるせいで、ウチの競争力が低下した!
謝罪と賠(ry」
とか言いだしかねんな。

27 :ヽ(´ー`)ノ:03/12/10 12:55 ID:JpXey00O
>>20
navi2ch-article-save-dat-file で保存したのならある。
うぷろだキボンヌ。

28 :login:Penguin:03/12/12 01:42 ID:h0qyTq6D
流通の話をやめてしまうのであれば、
その話の腰を折ってしまう事を言う。
とりあえず、
プログラムが流通にどれくらいのコストがかかるかは
どうでもよい。
重要なのは
どんなプログラムを書いても、流通でしかお金をとれないのか?
という事。
つまり、どんなに時間をかけても原価が同じなのか?
という事。
あるいは、どんなにクオリティーが高くても原価が同じなのか?
という事。

音楽で考えよう。
今はどのCDも3000円である。(と思い込む)
すると、どのCDに入っている音楽も同じ値段である。
すばらしい曲(基準は不明)とすばらしくない曲が同じ値段なのか?

もちろん、いい曲いいプログラムはたくさん売れるから
流通によってたくさん儲かるかもしれない。
でも、本当はもっと高く売れるんじゃないかな?

29 :login:Penguin:03/12/12 08:41 ID:vLLTYsJS
>>28
「いいソフトウェアを高く売りたい」というのは、ある1つの価値観であって、別の価値観を持っている、
あるいは戦略的に使い分けることもあると思うけど。

「ソフトウェアを広く流通させたい」とか、「作ったはいいがギャランティーできない・したくない」とか。

いい悪いは別にして、世の中は「ソフトウェアの製作コスト=販売価格」を価値観に動いているわけではなく、
それを破壊するような価値観を持っている人がいる、ってだけだと思う。


30 :login:Penguin:03/12/12 10:23 ID:eXwvmj5a
いいかげんライセンス問題にもどろうぜ。

31 :login:Penguin:03/12/17 21:42 ID:DkxLIQo3
ずいぶんと静かになったな。

32 :login:Penguin:03/12/19 01:53 ID:PNeJH+bM
ソフトウェア特許
http://www.futamura.info.waseda.ac.jp/~futamura/Essays/WhyPatent.pdf

33 :login:Penguin:03/12/19 13:54 ID:FVwulA0g
教育機関にフリー・ソフトウェアを「啓蒙」する
http://japan.linux.com/opensource/03/12/18/1424213.shtml

34 :login:Penguin:03/12/20 00:51 ID:Nmiairee
一般市民にとって
windows >> linux
なのは理解できる。

でも
ms office >> open office
なのは理解できない。

なぜだ

35 :login:Penguin:03/12/20 01:19 ID:JtnpwbM4
>>34
Linux普及のためには その4
http://pc.2ch.net/test/read.cgi/linux/1068363477/

36 :login:Penguin:03/12/21 21:39 ID:g+IEkE9Q
XviD総合スレ Part9
http://pc.2ch.net/test/read.cgi/avi/1068624836/594-

なんかやってるみたいだぞ

37 :login:Penguin:03/12/21 22:06 ID:gfU9WXs5
>>36
また馬鹿が迷惑かけとんのか…

そのパッチの中にGPLでカバーされたコードの派生物が入ってないと意味なかろうに。
コードの置換ぐらいしかしないパッチにそんなもんが入ってると思うか?
パッチ適用後のファイルを配布してるのならともかく、
パッチの配布にゃ問題ないだろ。

38 :login:Penguin:03/12/21 22:52 ID:IZWZPdIt
>>37

パッチつってもバイナリパッチでつよ?

39 :login:Penguin:03/12/21 22:55 ID:H3+poQA9
>>38
知障は放置

40 :login:Penguin:03/12/21 23:02 ID:+mK/MGqa
ソースを要求されたときに出せばいいというのは微妙に間違いだが
バイナリを直接書き換えてるならパッチ自体のソースは無いしな

41 :login:Penguin:03/12/21 23:10 ID:H3+poQA9
そーやってGPLの抜け道さぐってるわけね。氏ねよ。

42 :login:Penguin:03/12/21 23:16 ID:wvl/rql+
>>40
>ソースを要求されたときに出せばいいというのは微妙に間違いだが

簡潔にわかりやすく正確に書くとしたらどういう言い回しになるだろう

>バイナリを直接書き換えてるならパッチ自体のソースは無いしな

パッチファイルを作るための定義ファイルみたいなのを作ると思うんだが
それはあると思う。ま、GPLではないと思うけど

43 :login:Penguin:03/12/21 23:16 ID:gfU9WXs5
むしろ嫌がらせしか出来ない奴が死ね

つーかGPLなソフトだって他のソフトのライセンスの抜け道探りまくってるの多いぞ。

44 :login:Penguin:03/12/22 00:57 ID:XxCWtyU2
別にGPLは嫌がらせでやってるんじゃないんだけどなあ

ライセンスの抜け道を探りまくってる奴は死ね、というのは同意

45 :login:Penguin:03/12/22 04:25 ID:ESVtRbLn
GPLなオブジェクトファイルと自作のクローズドなライブラリを
インストーラと称したリンカと一緒に配布とかって抜け道になる?
自作ライブラリとのインターフェース部分のパッチだけGPLで公開して。


46 :login:Penguin:03/12/22 06:36 ID:/PF1ADMl
GPLなんていくらでも抜け道はあるよ
シェル経由とか、プロセス間通信が
素人にはお勧めだな。

47 :login:Penguin:03/12/22 23:36 ID:/PF1ADMl
オープンソースがビジネスになる理由―勝ち組企業は何をしたか
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822221059/ref=sr_aps_b_3/249-2117312-1081909

こんな本があるよ。

48 :login:Penguin:03/12/23 01:07 ID:6K7wwLGS
ちなみにこれを立ち読みして思った事は
作者はGPLにして、この本をPDFで配らないのはどうして?
という事なんだけど。
やっぱ、儲からないからだよね。


49 :login:Penguin:03/12/23 02:23 ID:oN57+/h6
GPLをビジネスに使うときは、GPLの特性が欠点になるような場合に利用する。

たとえば、不特定多数の人に使えるアプリは作らず、特定の企業専用にする。
こうすることで、アプリを不特定多数に公開することを防げるし、
万一汎用的なアプリに改造されても、改造したアプリはGPLになるため
一度は売れても、売った先で簡単に複製できるから売る意味が無くなる。

もちろん、特定の企業専用に作った自分はその企業に売ることは出来る。
(自分からしか買うことが出来ないため)

買うほうにとってはGPLでなく、ソースコードを含めてすべての権利を
取得した方がいいのだが、GPLを上手く使い、作る側にとっては
GPLは便利だが、買うほうにとってはGPLは何の利点も無いという
状況を作り上げるのがビジネスとして使うための秘訣

50 :login:Penguin:03/12/23 02:26 ID:sXnugXPq
僕のWindowsXpフリー版なんです
WinnyのFTTPサイトからDLして来ました

51 :login:Penguin:03/12/23 02:26 ID:oN57+/h6
ちなみに作る側も、自分からわざわざGPLにする理由は無い。
楽に作るためにGPLのものを利用した結果、
GPLになってしまうだけのことである。

52 :login:Penguin:03/12/23 03:32 ID:uhThHRYD
>>48
ちなみに>>48を読んで思った事は
作者は商品にして出版/販売しないのはどうして?
という事なんだけど。
やっぱ、儲からないからだよね。

要するに、出版とシステム開発とゴチャ混ぜにして何が言いたいのやら、ってこった。

53 :login:Penguin:03/12/23 10:25 ID:uwJyCcqD
>>45
GPLはリンクしただけで伝染するわけだが。


54 :login:Penguin:03/12/23 11:06 ID:xcXzH/tx
>>53
語弊だらけのいいかたではあるけどな。

55 :login:Penguin:03/12/23 12:42 ID:ZIVAWRn8
一瞬ハイパーリンクしただけで伝染するのかと思ってしまった

56 :45:03/12/23 17:15 ID:JV4OW7hj
つまり、
「こいつを実際にGPLの物とリンクするか別の物とリンクするかは
ユーザの自由ですヨ」
とかいう寝言は通用しない訳ですか。

57 :login:Penguin:03/12/23 19:24 ID:6K7wwLGS
>>56
それはそれでいいんじゃない?

58 :login:Penguin:03/12/24 05:24 ID:WAmq3oi0
そう言えば、他人の作った配布・利用自由だけどクローズドなライセンスのものと
GPLのものをリンクして配布、って形だとGPL汚染はどうなるのでしょうか。
リンクする人も配布する人も、クローズドの方の元ソースは持ってない訳です。
それとも、そういう形だと配布そのものが出来なくなるんですか?

59 :login:Penguin:03/12/24 10:54 ID:JdaqPzOP
>>58
配布できない、が答えだね。
ソースを持ってない、ってのは配布者本人の都合にすぎない。

60 :login:Penguin:03/12/24 11:09 ID:WAmq3oi0
>>59
なるほど。
レスども。

61 :login:Penguin:04/01/08 15:02 ID:xX2SQXYR
ttp://www.mplayerhq.hu/homepage/news.html

62 :login:Penguin:04/01/09 12:04 ID:8DKs0Xb0
素人の質問なんですが。

Windowsのインストーラーを作るとき、すでにバイナリになったプログラムA(non-GPL)
とすでにバイナリになったプログラムB(GPL)を合一させるとします。
AとBの関わりはAがBを別プロセスで実行させるだけです。

http://www.gnu.org/licenses/gpl-faq.ja.html#MereAggregation

を読むと、Windowsインストーラーを配布する際にインストーラー全体を
GPLにする必要はなく、また、AもGPLにする必要がないように思うのですが、
この考えは合っているでしょうか?





63 :login:Penguin:04/01/09 21:07 ID:gisgaEqb
素人の回答↓

64 :login:Penguin:04/01/09 22:47 ID:TyEtOkqh
世界的には、GPLが市場経済を破壊するという見方が主流なんです。

仮に神がいたと仮定して、労働に対する対価の混乱が生じることになる
GPLをよしとするわけはないでしょう。

GPLを善なるもの、と捉える人は、社会に出てない証拠です。

GPLは、結局古い概念で、そういう古いものにしがみつく老人は、
社会のゴミでしか有りません。

そもそも、いったいどうやったらGPLが、善だと言えるのでしょう?

GPLを社会の悪である、と認めない限り、人類の発展はないのです。

GPLが善、プロプライエタリなソフト開発が悪、という概念は、
共産主義者の陰謀なのです。GPLが善でなければ都合の悪い彼らに
騙されては行けません。

GPLの提唱者のストールマンは、自分でも強い共産主義者であることを
認めていることですし。

GPLが、彼らが言っているほどよい物でないと言うことは、既に何年も
前に論破されているのですしね。

65 :login:Penguin:04/01/10 00:41 ID:uXBxUfNZ
なかなか良い電波だ。と思ったら詭弁のガイドラインが元ネタか。


66 :login:Penguin:04/01/16 23:38 ID:+6ecS4wP
リチャード・ストールマン氏への回答
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/0401/16/epn03.html

67 :login:Penguin:04/01/17 18:19 ID:GVg0hlTt
ttp://japan.linux.com/opensource/04/01/04/1038242.shtml

McKusickは、Torvaldsが件のファイルをコピーしなかったのは事実だと思うが、今はそのことが本当の問題ではないかもしれない、と言った。
また、たとえ必要な著作権表示を付けたとしてもGPLライセンスをこのコードに適用できるかどうかは不透明だ、とも言った。

68 :login:Penguin:04/01/17 19:01 ID:t8nwttop
http://japan.linux.com/opensource/04/01/04/1038242.shtml

69 :login:Penguin:04/01/17 19:04 ID:646/5+71
名前と数値の対応はインタフェースの仕様であって、著作権の対象では
もともとないと思うのだが。

70 :login:Penguin:04/01/26 17:42 ID:2WNot+Js
Bruce Perensの「オープンソース一般教書演説」
http://japan.linux.com/opensource/04/01/26/0141200.shtml

71 :taleichi:04/01/26 22:02 ID:t3c5Bkct
Xでのソフトでは、まともに音が出るのですがcat audioファイル名> /dev/audio
ではひどい雑音みたいになるのは、どうしてなんでしょうか?
どなたか、教えてください よろしくお願いいたします


72 :taleichi:04/01/26 22:07 ID:t3c5Bkct
上記質問 書き込み場所間違ってました。でも、ついでに、
見た方 どうか、教えてください


73 :login:Penguin:04/01/26 22:49 ID:qSW+whpC
GPLで配布するときってソースコード出さなきゃいけないようだが
MakefileとかConfigureも公開しなきゃいけないの?

74 :login:Penguin:04/01/26 22:55 ID:rmQKucpY
動作するプログラムを構築するのに必要なファイル一式がソースコードとされるので、
Makefileやconfigureもつけないといけません。

75 :login:Penguin:04/01/26 22:58 ID:Z86otIyQ
つか配布するときにソースコード出さなきゃいけないんじゃなくて
配布物を入手した香具師に要求されたら出せばいいだけ。

76 :login:Penguin:04/01/26 23:35 ID:/8I0stBt
それは誤解
要求されたら出せばいいのではなく配布物を入手した人ががソースも入手できることを保証する必要がある
原則同時配布

77 :login:Penguin:04/01/26 23:36 ID:nLOXlEET
んで、いちいち要求があるたびにソース出すのがめんどいから
web とかで公開しちゃうことが多い。

78 :login:Penguin:04/01/27 11:37 ID:LoUBgPsw
>>75>>76 が違うことを言っているような気がしないのだが。

79 :login:Penguin:04/01/27 13:25 ID:amdQ+ExW
configure使ってるんだったらMakefileは配布しないだろ

80 :login:Penguin:04/01/27 13:31 ID:LoUBgPsw
>>79
あげあしとってて楽しい?

81 :login:Penguin:04/01/27 15:39 ID:amdQ+ExW
うん

82 :login:Penguin:04/01/30 09:49 ID:x+v+GyBy
>>74
一応付けなきゃ行けない、としても、もともと、
「無保証」
であると明言されているわけだから、実際にビルドできなくて、
文句を言われても「保証」する必要はないと思われ。

83 :login:Penguin:04/01/31 04:16 ID:e31uFjqu
動作に関して無保証なんであって
ビルドできないことについて無保証なのはダメだろ。

ビルドできないんだったらバイナリに対するソースを手に入れたことにならない。

84 :login:Penguin:04/01/31 09:34 ID:j7lkvw2c
>>83
でも、バイナリを保証するより、むしろ、ビルドできることを保証する方が
何倍も難しいんだよ。

確かにソースを手に入れたことにならないね。でも、現実は多くのGPLの
ソースはビルドが難しいんだよ。

85 :login:Penguin:04/01/31 13:30 ID:+bzgkU1D
>>84
対象とするプラットフォームの集合が同じならば、
ビルドできることを保証するよりもバイナリ保証するほうが難しい。

86 :login:Penguin:04/01/31 16:39 ID:hyzWckDV
>>85
バイナリの完全動作を保証するのは確かに難しいね。

でも、ある程度動作するだけなら、自分の環境で確認する程度でまあいい
じゃないの。その他の環境では不感知としてね。

でも、ソースの場合、自分と同じ環境なんて非現実的だから厄介。その差。

87 :login:Penguin:04/01/31 16:47 ID:+bzgkU1D
>>86
> でも、ソースの場合、自分と同じ環境なんて非現実的だから厄介。その差。

だからLinuxカーネルのように、gccのバージョンまで指定したりする。
つーか、そういう「同じような環境」を自由に利用できるようにするための
フリーソフトウェア運動であり、GPLなんだが。

88 :login:Penguin:04/01/31 17:09 ID:hyzWckDV
>>87
それは理想論。
それに、同じ環境を持とうとするとディスク容量を食い尽くす。

89 :login:Penguin:04/01/31 17:15 ID:+bzgkU1D
>>88
> それに、同じ環境を持とうとするとディスク容量を食い尽くす。

え、なんで?
コンパイルできる程度に「同じような」環境であれば、gccやglibcやautoconfとかで
ある程度整備されていると思うが。

90 :login:Penguin:04/01/31 19:35 ID:W3gI22Og
XFree86ライセンス変更
ttp://www.xfree86.org/legal/licenses.html

91 :login:Penguin:04/01/31 19:58 ID:hyzWckDV
>>89
僅かに吸収できなかった場合、手作業になるが、
たった1つのマクロが、現状1のところを、0とするだけでビルドできるよう
になるとしても、Unixプログラミングに関する膨大な知識および、それを
見出すためにソースを解読するという長々とした作業を必要とされる。

92 :login:Penguin:04/01/31 20:58 ID:21l+jTPL
http://www.xfree86.org/legal/licenses.html

93 :login:Penguin:04/02/01 02:54 ID:vF5kftV1
>>91
それって、そのソフトウェアが元々は対象にしてなかったプラットフォームの話では?
今時のフリーソフトウェアなら大抵、対象プラットフォーム上ならconfigure一発じゃん。

その上で、そのソフトウェアが元々は対象にしていなかったプラットフォームで
わざわざ動かそうという香具師なら自分で修正するスキルはあるわけだし、
実際に修正が可能なのもソースがあるからなんだが・・・

94 :login:Penguin:04/02/01 08:43 ID:vZmZ5kxd
少なくとも「自分の環境では」ビルド出来るソースである必要があると。
これは確実。
でも、その自分の環境があまりにマイナーな環境だったりするとどーなんの?
自作コンパイラとか改造gccとか。
しかもその環境を誰にも配布してなくて自分しか持っていないとか言えば、
より極端で面白いかな。

95 :login:Penguin:04/02/01 08:49 ID:vF5kftV1
>>94
で、バイナリ配布しているんなら、その配布したバイナリをビルドできる状態でなければダメだろ。
ソースのみの配布なら、誰も見向きもしないだけの話。

96 :login:Penguin:04/02/01 09:44 ID:vZmZ5kxd
>>95
ごめん、ちょっと言ってる事が分からない。俺あまり頭良くない。

> で、バイナリ配布しているんなら、その配布したバイナリをビルドできる状態でなければダメだろ。
この点について、ビルドする為にはまず環境が必要でしょ?
コンパイラとかアセンブラとかリンカとか。色々。
で、バイナリの配布に際して「少なくとも自分の環境では」ビルド出来るソースを公開。
この「自分の環境」を他に誰も持っている人がいない場合、
「自分以外には」ビルド出来ないソースを配布する事になるよ、と。
そういう意味でビルド出来る事の保証が難しいって話でないの?

97 :login:Penguin:04/02/01 09:59 ID:vZmZ5kxd
まあ自作コンパイラとかってのはあくまで「極端で面白い」例だけどね。

98 :login:Penguin:04/02/01 10:32 ID:vF5kftV1
>>96
> この「自分の環境」を他に誰も持っている人がいない場合、
> 「自分以外には」ビルド出来ないソースを配布する事になるよ、と。
> そういう意味でビルド出来る事の保証が難しいって話でないの?

それこそ>>95の言う通り、誰にも相手にされないだけだと思われ。

99 :login:Penguin:04/02/01 11:15 ID:vZmZ5kxd
>>98
まあバイナリ配布するのにソース出さなきゃいけないらしいから、
って程度の考えならソースを無視されるのは構わないんじゃ?
重要なのはバイナリの方で。

100 :login:Penguin:04/02/01 21:29 ID:7X6YyPDp
73です。
>>74-99 サンクス 何時の間にか話が進んでいた

結局、コンシューマ向けのソフトをJAVAで作ってて、
Linux向けgcjによるバイナリとその他OS向けJDKによる
バイナリの配布を考えていた。それで、Windows向けgcj
によるバイナリが勝手に出回ったら嫌だなって思います。


101 :login:Penguin:04/02/01 22:26 ID:W3O3e2nq
XFree86 Alters License
http://slashdot.org/article.pl?sid=04/01/30/140205
XFree86のライセンスが4.4.0から宣伝条項付きに
http://slashdot.jp/article.pl?sid=04/02/01/134258

何でオレオレ条項つけるかなあ… XFree86.org(゚听)イラネ。


102 :login:Penguin:04/02/02 03:48 ID:AWpzSGr9
>>101
大人しくUNIX板に引き篭ってろよダボ

103 :login:Penguin:04/02/02 04:41 ID:uzgkySpO
>>102
やだ。

104 :login:Penguin:04/02/12 16:54 ID:0HKOO8DC
ttp://www.softagency.co.jp/order/license.html

> GPL の MySQL や MySQL を使用した製品を売ろうとしているが、
> ソースの引渡し要求を拒否したい場合は GPL に適合しなくなります。

MySQLを使用した製品は、その製品もGPLで公開しろってこと?
ライブラリをリンクしているわけでも無い状態だと、
GPLでそこまで制約する事は出来ないのでは?と思っているのですが
どうなんでしょうか?


105 :login:Penguin:04/02/12 18:11 ID:R4p2l8Is
ん〜どうでしょう

106 :login:Penguin:04/02/12 19:22 ID:FQmpHCzt
>>104
GPLはGPLソフトウェアとリンクしていないソフトウェアのライセンスは制限しません。
しかしGPLと矛盾しない制限をライセンスに追加することも禁止していません。
MySQLのライセンスには独自制限が追加されています。
開発元のMySQL ABのダウンロードページにライセンスの説明があります。
SoftAgencyの説明に比べて明快でゆるい制限なのでこちらに従うことをお勧めします。

http://www.mysql.com/downloads/
>You need to purchase commercial non-GPL MySQL licenses:
> If you distribute MySQL Software with your non open source software,
(もしあなたがMySQLをあなたの非オープンソースソフトウェアと一緒に配布したければ
 コマーシャルライセンスを購入する必要があります。)

従ってオープンソースソフトウェアならMySQLのコマーシャルライセンスは必要ありません。

107 :login:Penguin:04/02/12 19:28 ID:lljb4ID4
>>104
GPL と関係無しに、著作者の権限で制約できるのでは?

108 :login:Penguin:04/02/12 21:12 ID:JHj856ka
既出かもしれないけど、Lindows日本語版ってGPL違反では?


109 :login:Penguin:04/02/12 22:26 ID:KnqryhJZ
>>108
なんで?

110 :login:Penguin:04/02/13 04:05 ID:8vAjIKEG
>>106-107
なるほど、一緒に配布しなければオープンである必要はないんですね。
逆に、オープンにすれば一緒に配布しても良いと云うことですか。
一番間違いが無いのはコマーシャルライセンスを購入しろって事ですね。

SAPとかでMySQLが使われるとか聞いたんですけど、
あれはコマーシャルライセンスになってるって事か・・・。

111 :login:Penguin:04/02/14 18:48 ID:B9j9EwPa
結局新XFree86のライセンスってGPLと矛盾するの?

112 :login:Penguin:04/02/15 07:57 ID:cY+ZBUd3
>>111
一昔前のBSDライセンスと考えて問題なし。

113 :login:Penguin:04/02/15 10:33 ID:yQb5nWSx
>>112
Apache Software Licenseの方が近いかも。

114 :login:Penguin:04/02/19 16:00 ID:TEPDKHIq
Stallman Responds to XFree86 License
http://www.ofb.biz/modules.php?name=News&file=article&sid=297
やっぱ駄目が出た。「話し合う」ってさ。

115 :login:Penguin:04/02/20 08:38 ID:s36Y40sr
>Stallman

gnomeにXの部分を組み込んで、XFree86を破棄させれば?

116 :login:Penguin:04/02/21 00:06 ID:FffodXBp
>The details of the requirement conflict with the GNU GPL

このThe details of the requirementっていうのは具体的に何なの?
これ読んでもわかんないし/.Jのスレッドみても結局よくわかんなかった
その前でもこんなこといってるし。
>In spirit it is like the revised BSD license, and there is nothing wrong with that.


117 :login:Penguin:04/02/21 00:38 ID:JGxoiyNH
XFree86 License Causes Distros to Rethink Plans
http://linuxtoday.com/developer/2004021803026NWDTLL

>Specifically, the license now requires that full credit be given in source and binary code to the XFree86 Project anytime the xlib files are used.

xlibに★リンクした★GPLプログラムにも宣伝条項を要求するから、
Xで動くGPLライセンスのプログラム全部がこのままだとGPL違反になって配布できない

118 :login:Penguin:04/02/21 01:36 ID:2oxXd8/B
Linuxもうだめぽ。

119 :login:Penguin:04/02/21 09:38 ID:4YN0ml+i
結局、
他人のライブラリを使うのが前提で、そのライブラリが(L)GPLじゃないのなら
GPLなんかにするなよ。
もしくは
もともとGPLでunix system作ることが目標なんだから、(L)GPL以外のライブラリは
さっさと代替GPLライブラリを作れよ。
って、ところですか。

120 :login:Penguin:04/02/21 21:29 ID:OYbnoF7k
*BSDでも地味にGPLなコマンドとかをBSDライセンスなものに置き換えてるっぽいけれど、
GPLな人ならずっと人多いしGPLな代替品作るのなんて楽勝じゃね?


121 :login:Penguin:04/02/24 00:02 ID:hZ2jFPrw
GPLのソフトを書き換えるときに、へたくそなコーディングで
ソースが容易に理解しがたいものになってしまった場合は
やはりGPL規約違反なんですか?

122 :login:Penguin:04/02/25 16:41 ID:UAlM82sj
fork、これ最後の手段にして最強の手段なり。


123 :login:Penguin:04/02/27 21:12 ID:q0mTKg6i
http://www.asahi.com/national/update/0226/016.html
これ見て思ったが、
不当な行動を強制するGPLライセンスって、独占禁止法違反じゃないのか?
MSが支配的立場を用いて強制的に特許権を放棄させようとする事は
民法・特許法上問題なくても、独占行為と考えられる。
FSFが支配的立場を用いて強制的に著作権を放棄させようとする事は
著作権法上問題なくても、独占行為と考えられる。

やってる事はなんにもMSと変わらないよね。

124 :login:Penguin:04/02/27 21:15 ID:SlKIiw45
>>123
Googleで Search 「日本語」

125 :login:Penguin:04/02/27 21:27 ID:q0mTKg6i
GPLに違反しないでソースをなるべく秘匿し、
バイナリのみで商用ソフトとする方法を思いついた。
ソースコードに無駄なデータを添付して自身を暗号化して100テラバイト程度の容量に
膨らませる。完全なソースがローカルにあるときだけビルドできるようにしておく。
そして、ソースの要求があったときにはコピーに際して必要な実費を要求する。
この場合メディアとしてHDDをものすごい台数準備しないといけない。
そしてそれを梱包して送る為の送料。
これは引き渡しに際して必要な実費でしかないのだから、なんらGPL
には違反しない。
このような手段のみでソースを提供しても、GPLはソース提供
さえあればいいと言ってるだけなので手段は拘束を受けない。
あるいは手段が拘束されないのだから紙に印刷して郵送する手段だけを
提供するという方がもっと有効かもしれない。こうすれば莫大な
金額と保管場所が準備できないかぎりソースを秘匿できる。
あくまで実費のみを請求する。GPLには思いつく限りもっとも低コストの
手段で提供せよなどとは一言も書かれていない。

126 :login:Penguin:04/02/27 21:27 ID:q0mTKg6i
>>124
反論になってないな。論外。

127 :login:Penguin:04/02/27 21:35 ID:q0mTKg6i
MSの支配的立場とは…
・OSの供給に関しての裁量権を盾にとって、契約に何を書いても供給停止を
武器に指示できる事これが独占禁止法に触れると考えられている。
(一般的にはどのようなことを契約に書いても公序良俗違反でなければ民法上
有効なはずだが、支配的立場による独占が過ぎる場合にはこの限りではなくな
るという話。「そんなにいやならMSと契約しなければいい」という言い分が
無効になる)
FSFの支配的立場とは…
・GPLコード資産とのマージに関しての裁量権を盾にとって、契約に何を書い
ても著作権法に基づくマージ拒否を武器にソース強制公開を指示できる事
(これも一般的にはなんら契約として問題ないが、支配的立場による独占が過
ぎる場合にはこの限りではなくなるという話。「そんなにいやならFSFと契約
しなければいい」という言い分が無効になる)
これが独占禁止法に触れるのも当然の話だろう。


128 :login:Penguin:04/02/27 21:39 ID:/WjJSd8k
>>127

>124

129 :login:Penguin:04/02/27 21:41 ID:q0mTKg6i
>>128
>>126

130 :login:Penguin:04/02/27 21:43 ID:q0mTKg6i
GPL教信者の皆さんはGPLなんか全然読んでなくて、
FSF様が守ってくれるとでも思ってるのかなwww


131 :login:Penguin:04/02/27 21:55 ID:tqf1XFrF
>>q0mTKg6i
いろいろ書いているけど、何が言いたいのかよく分からん。

>>123
>FSFが支配的立場を用いて強制的に著作権を放棄させようとする事は
FSFはGPLで著作物を配布しているものに対し、
著作権を放棄しないようにお願いしている。

>>127
> FSFの支配的立場とは…
> ・GPLコード資産とのマージに関しての裁量権を盾にとって、
GPLコードの資産とのマージに関する裁量権ははFSFに帰属しない。
それぞれの著作者に帰属する。

という解釈をしているんだが。違う?

132 :login:Penguin:04/02/27 21:57 ID:kBxaL3Hl
ソースコード自体を暗号化して頒布してもいいかもな。
暗号化の方法が解読されないうちはプロプライエタリ。

> FSFの支配的立場とは…
FSFが何を独占しておるのかのぉ?つーか日本語下手?

133 :login:Penguin:04/02/27 22:00 ID:xxjhRt+J
>>131
オレは >>q0mTKg6i の文章を読んでひかる君(原告)を思い出した。
ユーモアはひかる君のほうが上だね。


>GPLコードの資産とのマージに関する裁量権ははFSFに帰属しない。
>それぞれの著作者に帰属する。
これは正しい。

>著作権を放棄しないようにお願いしている。
これはそんなに単純ではない。
著作権管理の手間を省くために一度パブリックドメインに置いて
FSFが(同時に)著作権者になる選択枝を提案していたはず。

134 :login:Penguin:04/02/27 22:04 ID:q0mTKg6i
俺がマージに関しての裁量権って言ってるのは、
「GPLに違反しない条件でのみマージできる」
つまり
「違反したマージはFSFが訴える事が出来る」
ってことね。
これはFSFに裁量権がある事になるだろ。

135 :login:Penguin:04/02/27 22:06 ID:xxjhRt+J
やっぱり日本語と英語が不自由だったのか…

136 :????A?L?A?N?e?N?A:04/02/27 22:09 ID:V05PQgy9
スレッテナニヨ。フジュウダナ。

137 :login:Penguin:04/02/27 22:09 ID:tqf1XFrF
>>133
> 著作権管理の手間を省くために一度パブリックドメインに置いて
> FSFが(同時に)著作権者になる選択枝を提案していたはず。

手間かけてもらってすまんです。
http://www.gnu.org/licenses/gpl-faq.ja.html#AssignCopyright
のことですね。

http://www.opensource.jp/gpl/gpl.ja.html#SEC2
「私たちはあなたの権利を二段階の手順を踏んで保護します。
(1) まずソフトウェ アに対して著作権を主張し、そして
(2) あなたに対して、ソフトウェアの複 製や頒布または改変についての
法的な許可を与えるこの契約書を提示します。」
を反論として使いたかったんで。。。


138 :login:Penguin:04/02/27 22:11 ID:tqf1XFrF
>>134
> 「違反したマージはFSFが訴える事が出来る」
これは著作権を持つものが訴えることができるんでは?
FSFは関係ないでしょ?

139 :login:Penguin:04/02/27 22:21 ID:q0mTKg6i
ちがいますね。GPLは現著作権者の著作権を奪っている。
つまり、著作権者には通常著作権法で認められている
最大限の頒布権がある。これは、望んだものを頒布する権利であり、
望まないものを頒布しない権利である。
つまり頒布のコントロール権の事。
実際にはこれが著作権という権利のキモなのであって、
「望まないものを頒布しない権利」に制約をかける契約というのは
著作権を放棄させているのと同義。(放棄といっても著作権が
消滅するという意味ではなく、頒布権を放棄しなければならないという事)

このGPLの支配的立場を用いた契約は頒布権に制約をかけるものであり、
公正な競争を著しく阻害すると考えられるので独占禁止法違反である。

140 :login:Penguin:04/02/27 22:23 ID:xxjhRt+J
法律に関しても無知なのか…

141 :????A?L?A?N?e?N?A:04/02/27 22:27 ID:V05PQgy9
そう、そう言う事。

142 :login:Penguin:04/02/27 22:34 ID:q0mTKg6i
あと、GPLを読む限りソースを渡せとは書いてあるけど
ビルドを保証しろとは書いてない。
すなわち、GPLとは矛盾しない次の条項を入れる事により
GPLの意図を完全に粉砕する事が出来る。

特約:添付されているソースファイルを閲覧以外のいかなる目的で
利用する事も禁ずる。すなわちビルドは契約違反と見なし違約金を
徴収する。この特約をGPLと併せて表示する場合のみソースコードの
複製を許可する。(GPLにはプログラムの複製を保証しろとはあるが
ソースの複製を保証しろとは書いていない)

143 :login:Penguin:04/02/27 22:34 ID:q0mTKg6i
>>140
おまえが無知。

144 :login:Penguin:04/02/27 22:37 ID:xxjhRt+J
>>143
顔を真っ赤にして言うことじゃありませんよ。

145 :login:Penguin:04/02/27 22:38 ID:q0mTKg6i
>>141
著作権法を100回嫁。

146 :login:Penguin:04/02/27 22:45 ID:q0mTKg6i
なるほどね。
GPLは複製・頒布・改変に関しての制約を禁じてはいるが、ただそれだけ。
ビルド禁止特約をつければGPLなんてあってないようなものだね。
改変後のコードももちろんビルド禁止で違反には違約金。

147 :login:Penguin:04/02/27 22:45 ID:59iTQavl
ソースもプログラムの一部だ。簡単なことだ。

インタプリタも知らんアホ>>143

148 :login:Penguin:04/02/27 22:46 ID:xxjhRt+J
>>147
ふざけんな!!!
アホに失礼だ!!!!!!!!

149 :login:Penguin:04/02/27 22:47 ID:q0mTKg6i
>>147
はいはい、あなたの脳内定義ではそうなんでしょうねぇ〜〜www

GPLにはそれぞれ別のものだと書いてあるけどなwwww

日本ご不自由すぎwwwwwwっうぇ

150 :login:Penguin:04/02/27 22:53 ID:q0mTKg6i
今現存するGPLのソースをありったけ集めてGPL+ビルド禁止特約
の元で再配布すれば、以後GPL+ビルド禁止特約がくっついたプロプライエタリな
別のグループができあがる事になるな。


151 :login:Penguin:04/02/27 22:54 ID:uQqEYXEO
ちょっと待て。
GPLは利用者にソースの再配布を強要しているが、原著作者にソースの公開
を強要する項目はないよな?

これが正しければ、最初からバイナリのみをGPLで配布すれば誰もソースを
要求できないし、GPLの各項目を満たすことができないので複製・改変・再
配布も事実上不可能。これだけではGPLにする意味がないが、GPLはOSI承認
ライセンスなのでオープンソースを名乗ることができるぞ(w

152 :login:Penguin:04/02/27 22:57 ID:q0mTKg6i
>>151
入手を保証しろとは書いてあるが誰にやれとは書いてないな。確かに。
どういう保証をするかも書いてない。

153 :login:Penguin:04/02/27 22:57 ID:xxjhRt+J
>>151
>GPLは利用者にソースの再配布を強要しているが
していないよ。


154 :login:Penguin:04/02/27 22:59 ID:q0mTKg6i
ていうか151の言いたい事は、
「マシンコードをバイナリエディタで書いて、ソースがどこにも存在しない
ライブラリを作る」って感じでいいのか?
それをGPLコードとマージしても、そもそも最初からソースがライブラリ部分に存在しないので
何ら痛手を受けないと。

155 :login:Penguin:04/02/27 23:05 ID:uQqEYXEO
>>153
再配布というか、要するに入手できることを保証しろってことだ。

>>152>>154
お前は黙ってろ。
原著作者が最初からバイナリだけをGPLで配布してもソースを要求
できないという話をしているんだ。

156 :login:Penguin:04/02/27 23:05 ID:kBxaL3Hl
>このGPLの支配的立場を用いた契約は頒布権に制約をかけるものであり

…GPLで支配的立場に立てるとしてだな、
独占の利益を享受するのは一体誰だ?

独占の利益を享受する者を特定できなければ極めて不毛な議論だな。藁。

M$の場合ならM$の株主だと極めて明確に言い切れるがな。

157 :login:Penguin:04/02/27 23:07 ID:q0mTKg6i

GPL吸収層を用いた三層モデルによるGPL無効化戦略
GPL層:ふつうにGPLで、GPL吸収層を呼び出したり、逆に呼び出されたりする。
GPL吸収層:マシンコードを直接書いて作る。GPL層とproprietary層の橋渡しをする。ソースはHexダンプとかで公開www
proprietary層:ふつうにproprietaryで、GPL吸収層を呼び出したり、逆に呼び出されたりする。


158 :login:Penguin:04/02/27 23:08 ID:q0mTKg6i
>>155
ソースが存在してしまうと引き渡さないといけないらしいぞ。
ソースが存在しないと言い張ればいいのかもしれないがw

159 :login:Penguin:04/02/27 23:15 ID:q0mTKg6i
>>156
独占の利益を享受するのはGPLをライセンスに採用している
全ての著作権者。
proprietaryな契約を市場から閉め出し、金銭的には無料だが
労力的に莫大な利益を得ている。あまりにも不公正であり、
健全な市場の発展を阻害する。

160 :login:Penguin:04/02/27 23:20 ID:q0mTKg6i
独占禁止法は競争の定義を役務の取引も含むとしているから、金銭が絡まないからと言って
独占禁止法の対象ではないとする事は出来ないぞ。

161 :login:Penguin:04/02/27 23:21 ID:kBxaL3Hl
>ID:q0mTKg6i

「みんなで幸せになろうよ」

カネを介在させないだけだ。ソースコードは60億人が同時に
使っても磨り減らねーよ。同時にみんなで幸せになれるんだし。

そゆこと。

162 :login:Penguin:04/02/27 23:23 ID:YqNLtsu4
ID:q0mTKg6i に何かを教えるのはムリだと思うのはオレだけ?


163 :login:Penguin:04/02/27 23:26 ID:kBxaL3Hl
>>162
GPLの伝染性が嫌なら他のライセンスを採用すれば良いだけだねぇ。

はは。

164 :login:Penguin:04/02/27 23:29 ID:q0mTKg6i
>>163
ウイルスを殺して食べるのがおいしいんじゃないか。
なにいってんだw

165 :login:Penguin:04/02/27 23:30 ID:q0mTKg6i
>>161
労力の交換が不公平で対等じゃないよね?
自分が糞なコードしか書いて無くても大きな労力を
吸い取ってしまえて、自分のコードが公開されても
痛くもかゆくもなかったりする。
労力に見合った報酬が払われるのが一番公平だと思わないか?

166 :login:Penguin:04/02/27 23:31 ID:kBxaL3Hl
ID:q0mTKg6i って
「ウイルスを殺して食べる」のが美味しいんですかそうですか。


理解不能だな。

167 :login:Penguin:04/02/27 23:32 ID:YqNLtsu4
>>164
動機じゃなくって能力が問題なんですよ。

168 :151:04/02/27 23:32 ID:uQqEYXEO
>>153
あそうか、licenseeの訳語のつもりで利用者と書いたのだが単なる
ユーザとまぎらわしかったな。

169 :login:Penguin:04/02/27 23:35 ID:kBxaL3Hl
> 労力に見合った報酬が払われるのが一番公平だと思わないか?

ソフトのソースコードのような妙な財だと
社会全体で受益者負担が望ましいかどうかはわからないのよね。

クリエイティブ・コモンズ状態のほうが持続的に成長するし
社会全体でも受益者負担ルールよかハッピーになる場合がままある。

従って「NO」が正解。

170 :login:Penguin:04/02/27 23:36 ID:/Ra6U/Xh
>>165
それのどこがまずいのか?
素晴らしい事じゃないか

171 :login:Penguin:04/02/27 23:39 ID:q0mTKg6i
>>169
持続性が高いのは認めるが、進歩性がないよね?
一人ずつが出す労力が少ない傾向にあるから
パラダイムが変わってもコードが根本から書き直される動機がない。
proprietaryならば需要があって報酬が払われればどんなドラスティックな
変化でも対応できる。
GPLの様なものだとつぎはぎ的、時代遅れ的になっていくんじゃないかな。

172 :login:Penguin:04/02/27 23:40 ID:kBxaL3Hl
ま、あれだ。

なんで20年間「フリーソフト」が廃れなかったか考えることだ。
労働の交換が不平等なんて誰でもすぐ気付くし、損だと思ったら
5年もしないうちにフリーソフトは廃れたはずだ。人はバカじゃないし。

だろ?

173 :login:Penguin:04/02/27 23:41 ID:kBxaL3Hl
> GPLの様なものだとつぎはぎ的、時代遅れ的になっていくんじゃないかな。

NO。
著作権や知的所有権で縛られているケースよりも突然変異は起きやすい。


174 :login:Penguin:04/02/27 23:42 ID:q0mTKg6i
>>170
発展速度が遅いグループにいろんな人が労力をつぎ込んじゃって、
それが無駄になっていくと誰も救われない。
その労力がproprietaryなやり方に使われていれば必要なときに
必要な変化を遂げる事が出来るだろうに。

175 :login:Penguin:04/02/27 23:46 ID:kBxaL3Hl
やれやれ…

>>170
proprietaryなやり方にして利潤最大化を第一の目標にすると
過去の投資や実績に過度に縛られるんだな。これが。
過去の投資や実績を中古市場で売却できればいいけどさ、
そんな市場も無いし、第一売却の契約までにひどく費用がかかるのさ。


176 :login:Penguin:04/02/27 23:47 ID:q0mTKg6i
>>173
GPLのソフトって商業の世界では枯れた技術しかつかって無くないか?


177 :login:Penguin:04/02/27 23:48 ID:q0mTKg6i
特許に「縛られる」とか言う意見もあるが、それと同時に
「特許の恩恵を一切受けられない」っていう致命的な欠点があるぞこれは。


178 :login:Penguin:04/02/27 23:49 ID:/Ra6U/Xh
>>171
それはものすごい論理の飛躍があるぞ

>一人ずつが出す労力が少ない傾向にあるから
人による。
毎日数千行単位で書いてる奴もいれば
たまに軽いハックするだけの奴もいる。

>パラダイムが変わってもコードが根本から書き直される動機がない。
動機はあるだろう。それに追従するかどうかは別として。

>proprietaryならば需要があって報酬が払われればどんなドラスティックな
>変化でも対応できる。
さぁ?
それはプロジェクトに関わる人の問題だろうと思うけどね。
結局対応出来ずにプロジェクトあぼんな事だって多いだろう。
反対に誰かが報酬が無くてもやる可能性だって多いにあるし。

>GPLの様なものだとつぎはぎ的、時代遅れ的になっていくんじゃないかな。
現状つぎはぎ的、時代遅れ的なものが散見されるproprietaryなものとどこが違うのか

179 :login:Penguin:04/02/27 23:55 ID:/Ra6U/Xh
>>174
>発展速度が遅いグループにいろんな人が労力をつぎ込んじゃって、
>それが無駄になっていくと誰も救われない。
それは労力をつぎ込んだ奴も悪いだろ。
さっさと見切りつけろよ。

>その労力がproprietaryなやり方に使われていれば必要なときに
>必要な変化を遂げる事が出来るだろうに。
因果関係がよく分からんのですが、
なぜproprietaryなやり方だとそこまで肯定的な見方が出来るのですかね?

180 :login:Penguin:04/02/27 23:55 ID:kBxaL3Hl
だいたい自分の得のためにコード書くなら

・最初の時期は他人様の協力を得られて
・程よく実ったところでプロプライエタリにする

戦略を採るだろ。そしたらライセンスはたかだかBSDかMIT-Xだ。
GPLでリリースする何ざ精神分裂そのものってもんだ。

181 :login:Penguin:04/02/28 00:03 ID:GnxTbTMd
>>179
対価さえ払えばすごいコードを使えるでしょ。
GPLだとその特許が有効である限り永遠に特許アルゴリズムとか使えない。

182 :login:Penguin:04/02/28 00:08 ID:q5HF4U2L
>対価さえ払えばすごいコードを使えるでしょ。
対価が非常に高額だと自分が作った商品の売値に大きく跳ね返って
買う人が非常に限られますね。実例の一つがMATLAB。アカデミックでも
40万円ですか?最新の特許アルゴリズムを持ち込んでも使いたい人
は致命的に減少しますね。


183 :login:Penguin:04/02/28 00:32 ID:GbpNIZz8
宇宙ステーションの空気課金の話を思い出したアルヨ

184 :????A?L?A?N?e?N?A:04/02/28 01:13 ID:H1JalRXo
現実的に SAP への投資はいかほどでしょうか。もう30年に成るねソフトウェア工学だかは、、、、。

185 :login:Penguin:04/02/28 10:14 ID:JUB9nVBD
>>174
Be社はproprietaryなwizard集団だったが
キャピタル食いつぶしたあげくに失敗したぞ

186 :login:Penguin:04/02/28 12:56 ID:Xxte8bXR
>>174
「無駄」になるとは限らないよ。
公開された source code は、 project 外部の人達にも利用できる。
棄れた project からも、有用な code が発掘されるかもしれないよ。
何十年もの間死蔵されちゃう proprietary な code とは違って。

187 :login:Penguin:04/02/28 19:02 ID:GnxTbTMd
>186
対価さえ払えば即日利用可ですが何か?

188 :login:Penguin:04/02/28 19:04 ID:GnxTbTMd
>>182
Mtahematicaは特許満載でも学生版三万ですが何か?
機能的にはCとリンクできないだけ、製本マニュアル付いてないだけ。

189 :login:Penguin:04/02/28 19:07 ID:WjxTg2dV
>>187
廃れたプロジェクトのソースなんかに誰も
対価なんて払わないから死蔵されるんだよ。

類似のフリーソフトがでてくるし。

190 :login:Penguin:04/02/28 19:10 ID:0AnxJR2f
>>182>>188
MatlabやMathematicaは色んな制度をうまく使えばもっと安く使える.
floatingライセンスとか団体割引とか.

大学だと一人あたり年5000円ほどで使えるだろ.
周りに使いたいヤツが多くないとムリだろうけど.

191 :login:Penguin:04/02/28 19:14 ID:WjxTg2dV
>>188
数式処理ごときになんでン万も払わにゃならんの?
もったいない

192 :login:Penguin:04/02/28 19:27 ID:paIkLeiz
>>187
権利関係の交渉事にかかる時間的人的コストがどれだけに達するか知ってていってる?

193 :login:Penguin:04/02/28 19:40 ID:GnxTbTMd
>>192
特許に触れないアルゴリズムを一から開発するのコストよりは低いから
特許制度というものが成立しているわけだが。

>>191
「ごとき」って言ってるレベルじゃ使い方全く知らないようだね。
Mathematica5では関数の最大・最小化に遺伝的アルゴリズムが実装されていて、
評価関数さえ定義すればパターン認識・N クイーン問題の解などが求められたりする。


194 :login:Penguin:04/02/28 19:51 ID:XhuomF3s
汎用言語: Fortran,C,Lisp
数学用環境: scilab, maxima

を大学で使ってますけど、それじゃあいかんのか?

195 :login:Penguin:04/02/28 19:55 ID:0AnxJR2f
>>192
>特許に触れないアルゴリズムを一から開発するのコストよりは低いから
>特許制度というものが成立しているわけだが。
アルゴリズム特許の場合,特許の不当性(既知であるの旨)を示せても
特許庁の判断を覆すのが難しいって言った方が適切だと思う.

>>193
>Mathematica5では関数の最大・最小化に遺伝的アルゴリズムが実装されていて、
>評価関数さえ定義すればパターン認識・N クイーン問題の解などが求められたりする。
そんなの売りにはならんよ.大学の演習でやる内容だ.
だいたい,Nクイーンなんんて出したら無知丸出しだぞ.


196 :195:04/02/28 19:56 ID:0AnxJR2f
引用番号を間違えていた…

197 :login:Penguin:04/02/28 19:58 ID:I0Txl1Qk
scilabやoctaveはmatlab(free)から派生したクローンでございます。

ID:q0mTKg6i= ID:GnxTbTMdはもうすこし勉強してから
この話をしたほうが良い。考えて発言しているようで実は
内容に穴があり杉。

198 :login:Penguin:04/02/28 20:12 ID:0AnxJR2f
彼(彼女)は卒研の単位をもらえなくて荒れているだけなのかな?

199 :login:Penguin:04/02/28 20:36 ID:WjxTg2dV
>>193
頭悪すぎるよ君

n王妃解読プログラムなんて
Basicで消防時代に組んだぜ

200 :login:Penguin:04/02/28 21:47 ID:Gjbn0177
外しているかもしれないが、もしかしてID:q0mTKg6i= ID:GnxTbTMdってF島君?

201 :login:Penguin:04/02/28 22:12 ID:GnxTbTMd
>>197
機能が比較にならねぇよwww
無知すぎww

202 :login:Penguin:04/02/28 22:14 ID:GnxTbTMd
>>194
商用ソフトの10年前の機能しか付いてないよね。

203 :login:Penguin:04/02/28 22:26 ID:GnxTbTMd
>>195
あほ、GAと評価関数で解けば一行でかけるっつーのww
おまえが単一の問題でしこしこアルゴリムズ実装してる間に
何種類の評価関数かけるかなwww

204 :login:Penguin:04/02/28 22:27 ID:GnxTbTMd
おっとアルゴリズムなw

205 :login:Penguin:04/02/28 22:27 ID:AIzPYUHX
GA信者か。これはこれで痛いな。

206 :login:Penguin:04/02/28 22:37 ID:paIkLeiz
つーかあれだ。必要ならコードを修正したいんだよ。

207 :login:Penguin:04/02/28 22:47 ID:GnxTbTMd
>>206
した事無いくせにか?w

208 :login:Penguin:04/02/28 22:54 ID:AIzPYUHX
なるほど。
Mathematicaに頼らないと何もできない厨が暴れてるだけか。
>>207 あたりでコンプレックスがむきだしになっとる。

209 :login:Penguin:04/02/28 23:02 ID:I0Txl1Qk
>>207
MathematicaやMATLABを金出して買ってでも使ったほうが
手早く問題解決できるなら買えば良いし(ソフトっつーブラック
ボックスで手早く解決)、費用対効果が期待できなければoctave
でも使えば良いし。

けどここの問題は
XFree86問題みたいにソフト自身の問題なんだな。市場介した
ほうがベターか、ふりーにしといたほうがベターか。

そゆこと。




210 :login:Penguin:04/02/28 23:05 ID:AIzPYUHX
>>209
そだね。

211 :login:Penguin:04/02/28 23:34 ID:b0kVNJbO
すんごいアホな質問かもしれませんが、よろしくお願いします。

たとえば Apache とか MySQL とか、そういうアプリケーションの、現在とは全く別の実装を、
自分の設定したライセンスの下で公開(配布)することは、問題にはならないんですよね?

つまり、
 Apache と全く同じ設定ファイルで同じように動作する httpd サーバーを
 自分で一から作って、俺流ライセンスで公開する
とか、そういうことです。

気にしているのは、
* そのようなことが出来るかどうかは、「元になるアプリケーションのライセンス」に依存するのかどうか
 (いわゆるオープンソースになっているライセンスじゃないと駄目、とか、許可が必要なのか、とか)
* まあ、別実装であることを証明するためにソースコードの公開は避けられないと思いますが、
そのソースコードのライセンスは元のソースコードのライセンスと関係なく定めていいのかどうか


要するに「アイデアをパクった」という話になるのかどうか、気になるんです。

212 :login:Penguin:04/02/28 23:51 ID:vtmyMDPz
>>211
フルスクラッチで書くのなら好きにしていいだろ。
ソースを改変して作った場合はライセンス守らにゃならんけどね

でも、Apacheをフルスクラッチで書き直す神なんているのかね。

アイデアをパクったというのはないと思うよ。
ソフトウェア特許なら文句言ってくるだろうけど。
でも、あれは独占禁止法違反だからナンセンスだぜ。

213 :login:Penguin:04/02/28 23:51 ID:AIzPYUHX
>>211
元のソースコードにアクセスしない(見ない)という条件で、同じ設定ファイルを
読みこむように作るというのなら、元のライセンスとは無関係にライセンスを
設定できる。

ただし、アイデアに関しては特許で守られている場合があるし、画面デザインや
メッセージの表現については著作権が主張される場合もあるから、一概にはいえ
ない。

214 :login:Penguin:04/02/28 23:53 ID:AIzPYUHX
>>212
ループするのもアホらしいが、独禁法が何の法律か勉強してから出直してくれ。
前半部分については同意見だがね。

215 :212:04/02/29 00:22 ID:VrIe+jqR
>>214
後半はちょっと言ってみただけだよ。
マジレスしないでくれ

216 :214:04/02/29 00:32 ID:9Smbc2S/
>>215
こいつは失敬

217 :login:Penguin:04/02/29 06:44 ID:mo14A8xA
ちょっと話題は変わるが、BSD支持派の中には妙な人がいるね。

「BSDはGPLと違って利用者に無用の拘束をほどこさない」とか、
「GPLのウィルス的な伝染性が問題だ」とか言っておきながら、

「俺のソフトをオープンソースと呼ぶな」などと利用者も含めた
全人類を拘束しようなどと考える馬鹿とか。

218 :login:Penguin:04/02/29 07:39 ID:ILXT5yCJ
>>217
下二行の意味が分からん。説明してくれ。

219 :login:Penguin:04/02/29 07:51 ID:mLPsjsfJ
「オープンソースと呼ぶな」でググれ。

220 :login:Penguin:04/02/29 07:56 ID:mLPsjsfJ
>>217
まあちょっと自意識過剰だよな、あいつは。
本人が自分のソフトをオープンソースと呼ばなきゃいいだけの話なのに、
どうして、そいつのことを見たことも聞いたこともない全くの赤の他人が、
そいつがオープンソースの思想面が嫌いだということを知っていて、なおかつ、
そいつの意向を汲み取ってオープンソースと呼ぶのを避けにゃならんのだ?
自分のことを、そんなに有名かつ重要な人物だとで思ってるのか?
いるんだろうな、あんな主張をするからには。

221 :login:Penguin:04/02/29 08:32 ID:ILXT5yCJ
ググらなくても知ってる。>>217の日本語能力に疑問を持っただけだったのだが。
まぁいいや。

222 :login:Penguin:04/02/29 08:38 ID:nd+ttXLS
>>217
俺にはむしろ昨年来の一連の祭はまつもと氏とDebianの中の人だけが
必死になっているように見えるがな。

OSDなんて所詮DFSGに毛が生えたようなものなので、OSDによる線引き
などGentoo使いの俺には正直どうでもよい。

223 :login:Penguin:04/02/29 11:35 ID:Ade3pGqo
>>222
> OSDなんて所詮DFSGに毛が生えたようなものなので、OSDによる線引き
> などGentoo使いの俺には正直どうでもよい。

俺もどうでもいいと思う。それこそ言葉狩りになっちまう。
で、あの人はそれをムキになって「オープンソースと呼ぶな」と言ってるんだよな、
主観性と客観性の問題に偽装しながら。(嘆

224 :login:Penguin:04/02/29 12:38 ID:xqZfBoTH
本人がそう呼ばないでって言ってるんなら、
単に以後そう呼ばなきゃ良いだけの話なんでないの?

オープンソース派の人の方も、なんでそこまで「オープンソースと呼ばせて」と
拘っているんだかよく判らんのですが。呼ばなきゃ良いじゃん。

225 :login:Penguin:04/02/29 13:53 ID:9Smbc2S/
>>224
いちいち作者本人の同意があるかどうか調べないとうかつには呼べない、ってことだね。
そういう考え方もあるかもね。まあがんばっていちいち調べてくれ。

俺はそんな面倒な話にはつきあわんけど。

226 :login:Penguin:04/02/29 17:21 ID:Ade3pGqo
>>225
そゆこと。例えば
「2chに書き込んでる人を『にちゃんねら』と呼ぶ」
これは客観的定義だと思う。
ところが、この板に書き込んでる香具師に
「俺を『にちゃんねら』と呼ぶな。そんな定義は全然客観的じゃない。
いわゆる『にちゃんねら』のカオス的な名無し思想を持っているわけじゃない。
ヨタ話を書き込んでいる場所がたまたま2chなだけで『にちゃんねら』なだけで
『にちゃんねら』などと呼ばれたくない。」
とか言われてもねぇ・・・これと全く同じ構造だ罠。

227 :login:Penguin:04/02/29 19:06 ID:FmIgLyAU
『にちゃんねら』の定義に2chを読むだけの人は含まれないのですか?
定義に疑問が呈されているにもかかわらずその正当/正統性を全く疑わ
ないのとも似たような構造(同じ構造とは言わないでおく)ですね(w

228 :login:Penguin:04/02/29 19:15 ID:Ade3pGqo
>>227
その定義に疑問があれば、その定義につっこめばいい。
それを客観性がどうのだの思想性がどうのなどと
話をそらして胡麻化すのはヘタレだね。

ちなみに「2chを読むだけの人」を入れないのは判定の困難さが理由になるね。
googleでたまたま引いちゃった人も入れるのかどうか、
入れるのならそれをどう判定するのか、
ミラーやキャッシュだけ読んだ人はどうだ、
引用を読んだ場合はどうだ、とかね。
複雑になればなるほど判定が困難になり、また、基準が恣意的になりやすい。
一方、「2chに書き込む人」であれば、該当者は必然的に意図的に2chに書き込む
ことになるから、基準として判定し易いしシンプルだ、というメリットがある。


229 :login:Penguin:04/02/29 19:28 ID:03XYx0dW
結局のところ、それって

Linuxをリナックスと呼ぶなと言ってるようなものだな。

・呼ぶなと言ってもよい
・呼んでもよい

これで済むと思うよ。

230 :login:Penguin:04/02/29 20:09 ID:FmIgLyAU
『にちゃんねら』云々に関しては最初から深入りするつもりはないです。

Open Source という語のイメージと OSD が当初からズレていることは多く
の人が認識しています。
http://www.rubyist.net/~matz/20030612.html#p05

matz氏は相変わらずそのズレを無視して OSD の正当性を主張していますが…
http://www.rubyist.net/~matz/20040225.html#p01
http://www.catb.org/~esr/open-source.html

> その定義に疑問があれば、その定義につっこめばいい。
実は昨年夏にmatz氏などには色々とつっこんでいるので、今さら繰り返す気
はありません。

231 :login:Penguin:04/02/29 21:03 ID:evZcu1qI
>>228
や、まあシンプルではあるんですけど、「オープンソース」が社会的には
まだ「俺達が定義した用語」の域を越えられていない現状では、「オープン
ソース」の定義と無関係に (もしくは登場以前に) BSDL を選択した人の
著作物に対して、自分達の用語を社会的に(第三者の存在を前に)適用する
ことには慎重でなければいけないと思いますよ。それが大人の社会。
そんなんなだから、なんか教条主義的なオタクが騒いでるなあ…と捉えられる
のが関の山で、いつまでたっても社会的に認知されないんだと思うんですよ。
認知されるのに問題ないところまで成熟しつつあるのに、一部の過激な教条
主義者の所為で損してるよなあ……というのがはたから見ていての感想です。

「OSI が Certified している OSD」という言い方を OSI が公言している限り、
OSI に無関係のつもりのソフトウェアを「あれはオープンソースです」と言及
するならば、その(OSI的オープンソースにコミットする気のない)著作者にとっ
てはなんらかのイカガワシさが伴ってしまうんじゃないでしょうかね。
その気持ちは判るけどなあ。

232 :login:Penguin:04/02/29 21:21 ID:uCFFypo2
>>231
権威主義が嫌いなだけなら、はっきりそう言えばいいじゃん。
認定マークについては、付けたい奴はそうすればいいという以外の感想はないな。


233 :login:Penguin:04/02/29 21:43 ID:uCFFypo2
それはそれとしてopensource.jpって本家に比べて情報量が少なすぎて
全然ダメだね。本家はFAQもあるし、トップページに"The basic idea
behind open source is very simple:(以下略)"とか書いてるしね。
今回の件でよくオープンソースを思想と結びつける輩がいるけど、
opensource.jpだけを見ると肝心の思想が見えてこないというある種
の気持ち悪さは感じるね。


234 :login:Penguin:04/02/29 21:58 ID:9wDWktmV
>>233
http://opensource.org/ 見ればいいじゃん。

235 :login:Penguin:04/02/29 22:01 ID:uCFFypo2
>>234
それを言ったら、opensource.jpなんかはじめからいらないじゃん。
本気でオープンソース運動なり啓蒙なりをやる気があるのなら、
まずサイトのコンテンツを充実させるところからはじめるべきじゃ
なくて?

236 :login:Penguin:04/02/29 22:10 ID:k7DEXNXj
>>232
権威主義とかそういうことではない。

そういうごまかしを続けている内は、いつまでたっても OSI の意図するところの
OSD が社会的に認知されることがないということに気付きなさい。認知されなく
ても良い(あくまで藻前がね)のならそれは勝手だけど、せめてOSDの正しい定義の
普及の足を引っぱることにならないよう願うのみだな。藻前は (オープンソース
と呼ぶな側の人と同じく) 自身の理解の範疇外を認めようとせず、理解される努力
を放棄し対話を拒んでいる。それを指して教条主義者と呼んでいる。パンピーは
そういうモノの台頭には案外敏感だ。

237 :login:Penguin:04/02/29 22:10 ID:FmIgLyAU
> 認定マークについては、付けたい奴はそうすればいいという以外の感想はないな。
本家 OSI では次のように勧めています。

開発者: "Open Source" と名乗るだけではなく "OSI Certified" を付ける
ユーザ: "OSI Certified" の有無で真の "Open Source" かどうか判断する
http://www.opensource.org/pressreleases/certified-open-source.php

OSI の目指す世界では単に Open Source とだけ名乗っているものは胡散臭い
ということになります。

OSI Certified は米国内で Open Source の商標登録が不可能と判明したため
代わりに導入されたものですが、 日本では商標登録が出来たから不要という
ことはなく、少なくとも米国内のユーザのためには OSI Certified を付ける
必要があります。

matz氏はともかく opensource.jp の中の人であるmhatta氏などが啓蒙活動を
していないのは困ったことですね。

238 :login:Penguin:04/02/29 22:19 ID:k7DEXNXj
> 本家 OSI では次のように勧めています。
> 開発者: "Open Source" と名乗るだけではなく "OSI Certified" を付ける
> ユーザ: "OSI Certified" の有無で真の "Open Source" かどうか判断する
> http://www.opensource.org/pressreleases/certified-open-source.php

てことは、OSI Certified を著作権者が表明していないソフトウェアを
「オープンソース」と他人が勝手にレッテル貼りをすることは、著作権者
だけでなく OSI の意向にも反しているってことなのかな。これならまあ
すんなり納得できるけどな。

239 :login:Penguin:04/02/29 22:41 ID:uCFFypo2
> OSI の目指す世界では単に Open Source とだけ名乗っているものは胡散臭い
> ということになります。

まあ自分でライセンスをチェックする(自称BSD-styleといっても文面が微妙
に異なることはある)よりは認定マーク見た方が早いというのはあるけど。
既存のOSI認定ライセンスを使っている分には特につける必要もないのでは。

> matz氏はともかく opensource.jp の中の人であるmhatta氏などが啓蒙活動を
> していないのは困ったことですね。

mhatta氏はGNUの中の人だから、むしろFSF的フリーソフトウェア運動を啓蒙
したいのかも。FSIJの中の人も同様か。しかしDebian Developerばかりだな。

240 :login:Penguin:04/02/29 22:48 ID:pGPEHReR
> 既存のOSI認定ライセンスを使っている分には特につける必要もないのでは。

使っている分には,ね.

241 :login:Penguin:04/02/29 22:48 ID:uCFFypo2
>>238
自称オープンソースは実際にはOSDに準拠していない場合があり得るから
無条件に信用するな、という話ではなくて?


242 :login:Penguin:04/02/29 22:51 ID:uCFFypo2
>>240
ごめん、言いたいことがよくわからん。


243 :login:Penguin:04/02/29 23:19 ID:FmIgLyAU
> 既存のOSI認定ライセンスを使っている分には特につける必要もないのでは。
まあね。「胡散臭い」というのに多少煽りが入っていることは認めます(w

私の立場は Open Source という語を OSD 的なものとは別の意味で使いたい
というものなので、OSD 的なものをマークを付けて区別することは私の利害
と一致するのですよ。

244 :login:Penguin:04/02/29 23:51 ID:E/cYNYF7
>>228
下痢トラップを踏んだ人とかコリャ英和を入れててOpen Proxyになってた人は
どうなりまつか?

245 :login:Penguin:04/03/01 04:50 ID:1IAD/j1l
オープンソースと呼ぶな、の話と
去年のオープンソースをソース公開の意味で使うな、の話が
混ざってややこしいね

ま、少なくともオープンソース運動家が激しくアブナイ人を
指すようになったのはほぼ間違い無いけど

246 :login:Penguin:04/03/01 06:25 ID:CkTpKwQn
>>231
「僕のはオプソじゃないもん」ならともかく、
「やだもん、僕のをオプソと呼ばないでよ!」という態度は
到底大人の社会には受け入れられないっつーか、
いつまでも子供から抜け切れないヲタク集団と見られるだけ。
そんな人に一括りにされてしまうBSDLな人達が可哀そう。
よほどオプソに認定されたほうがマシ。


247 :login:Penguin:04/03/01 06:59 ID:EujuWC6T
オープンソース運動って、どこか胡散臭いよね。
そんな連中とひとくくりにしないでよ。

というのはわからんでもないんだけど、
やり方が厨房すぎて、

オープンソース運動って、どこか胡散臭いよね。って言ってるの厨房だよね。
そんな連中とひとくくりにしないでよ。

という状態になっちゃった。

248 :login:Penguin:04/03/01 15:27 ID:BNz+K/bq
http://wiki.osdev.info/index.php?%5B%5B.mjt%5D%5D
henoさんみてますか

249 :login:Penguin:04/03/01 21:13 ID:oR3zimLG
>>226=223
『にちゃんねら』云々に関してやっぱり書いてみます。

ある人が2chに書き込んでいるかどうかは客観的に判断できる。
しかしその基準と『にちゃんねら』という名称との結び付きが妥当かどうか
は主観的な問題になる。

あるソフトウェアが DFSG に適合するかどうかは客観的に判断できる。
しかし「そんなソフトウェアを Closed Source Software と呼ぼう。DFSGは
今日から Closed Source Definition だ」と宣言したら多くの人がその基準
と名称との結び付きに違和感を覚えるだろう。

では当時、Open Source という名称を DFSG という基準に結び付けることは
妥当であったのか? 多くの人が Open Source という名称にはバザール的な
イメージを持つようだが DFSG には非バザール的フリーソフトウェアも適合
する。

基準と名称の結び付きの妥当性を疑わないところは全く同じ構造ですね。

250 :login:Penguin:04/03/01 21:27 ID:fz0D8LsX
バザール的=オープンソースなんて話は言いだしっぺのESRですらして
いないのだけれど。

251 :login:Penguin:04/03/01 21:35 ID:CkTpKwQn
>>249
> ある人が2chに書き込んでいるかどうかは客観的に判断できる。
> しかしその基準と『にちゃんねら』という名称との結び付きが妥当かどうか
> は主観的な問題になる。

で、君は世の中の「にちゃんねら」全員について、
「君の主観では、君のことを『にちゃんねら』と呼ぶことは妥当だと思うか?」
と訊いて回るべきだと言うのか?
それとも「にちゃんねら」という言葉自体を狩るべきなのか?
どちらでもないと言うのなら、対案を示してくれ。

同じ構造の問題なら腐るほどある。
「日本人」だってそうだ。国籍の有無という客観的基準を用いたところで、
世間の持つ「日本人」との乖離はある。
俺の知り合いにも日本語がほとんど話せない日本人が何人かいる。
その中には自分を日本人と位置付けない人もいる。
さあ、日本国籍保有者の一人一人に訊いて回るか?
それとも「日本人」という言葉を禁止するか?


252 :251の続き:04/03/01 21:36 ID:CkTpKwQn
>>249
> では当時、Open Source という名称を DFSG という基準に結び付けることは
> 妥当であったのか? 多くの人が Open Source という名称にはバザール的な
> イメージを持つようだが DFSG には非バザール的フリーソフトウェアも適合
> する。

ならば、それこそ「オープンソース」自体の定義につっこむべきであって、
主観だの客観だのは無関係ではないか。

> 基準と名称の結び付きの妥当性を疑わないところは全く同じ構造ですね。

無分別に名称のみに噛み付くところが厨房の厨房たる所以だな。


253 :login:Penguin:04/03/01 21:46 ID:fz0D8LsX
もうひとつ。

>>249
>基準と名称の結び付きの妥当性を疑わないところは全く同じ構造ですね。

おまえがそうおもうのは勝手だが、ある程度の判断はした上でそう呼んでる
人はたくさんいる。「疑わない」などという独善的な言い方はやめてくれ。

「基準と名称の結び付きの妥当性」なんてものはつきつめて考えればどれもあ
いまいな部分はあり、「妥当であるといいきれないから呼んじゃだめ」なんて
言ってたら言語そのものが崩壊する。(傍論としては「主観」「客観」につい
ても同様の問題がある)


254 :login:Penguin:04/03/01 23:29 ID:pWcFHl8o
>>248
そのネタはここでやってまつ。
http://pc.2ch.net/test/read.cgi/os/1062909154/


255 :login:Penguin:04/03/02 17:23 ID:xrmngy19
matz氏で思い出したけど、Riteがものすごく緩やかなライセンスの下で
リリースされる予定で、それで大丈夫なのかという話を前に見たような
記憶がある。一応、弁護士(るびべんを除く)の意見は聞いた方がいいと
思うけど。


256 :login:Penguin:04/03/02 19:54 ID:qiwmFxrw
俺、とにかくソースが公開されていれば、
オープンソースって言うのかと思っていたんだけれど、
オープンソースって難しいのな。

あ、FSFの仙人みたいな人が、
フリーソフトウェアをオープンソースって呼ぶな!
とか言ってたような記事は読んだ事あるから、
そこだけは区別出来てるかも <@:)

257 :login:Penguin:04/03/02 20:23 ID:aTs9gAjF
>>255
artistic licenseがどうの言ってた頃の話ですか?
困った事にそれでるびべんが湧いて出てきたような記憶があります。


258 :login:Penguin:04/03/03 01:36 ID:CKuIXPe4
>>257
それより1年くらい後の話みたい。
http://www.rubycolor.org/r/200209a.html#08_t2


259 :login:Penguin:04/03/03 22:03 ID:HMnO6NnY
>>251-253
厨房はもう寝る時間ですので書くのはこれだけにします。

「2chに書き込んでいるという意味での『にちゃんねら』」
「日本国籍を保有するという意味での日本人」
「OSI Certified Open Source Software」(>>237)

塩兄ちゃんと同じ立場だと勝手に決め付けないでください。

260 :login:Penguin:04/03/04 06:28 ID:nyH8C+w+
>>250
厨房は学校に行くので以下略

> バザール的=オープンソースなんて話は言いだしっぺのESRですらして
> いないのだけれど。

なぜ「オープン」ソースなのか考えたこともないのですか?
http://www.catb.org/~esr/open-source.html

つーか祭が終わったので(AA略)もう飽きたよ

261 :login:Penguin:04/03/04 11:51 ID:jmBRD7td
>>260
まあ厨房じゃあ英語読めなくてもしかたないけど、
そのページが反論になってると本気で思ってる?

>つーか祭が終わったので(AA略)もう飽きたよ
飽きたとかいいながら一人で必死になってるし。

262 :login:Penguin:04/03/05 13:24 ID:UD1mdhjW
>256
難しくなんかない。
オープンソースの考え方についてまとめたネット記事や雑誌記事、書籍は山ほどある。
どの記事もオープンソースへの誤解を危惧して書かれたものばかり。
紹介してもいいけど、ネット、雑誌、書籍の好みもあるだろうから、検索するかアマゾンで調べてみて。

といっても、結局は理解しようって気が無ければ何を読んでも、オープンソースは難しいって結論になるんだろうけど…

263 :login:Penguin:04/03/05 18:27 ID:AQn4MTdj
>>262
危機を煽って私の考えが理解できれば
貴方は救われます、と言う

世間の常識が通用しない新興宗教の終末思想みたいだね(藁

264 :login:Penguin:04/03/06 01:50 ID:vuI0pnDq
誤爆なのかただの勘違いなのか・・・

265 :login:Penguin:04/03/06 02:16 ID:0+nAXxPt
>>264
勘違いだと思う。

>>262は、「自分で調べた方がいいよ」と言ってるだけに読める。

266 :login:Penguin:04/03/06 18:02 ID:t9fRoq86
>>265
客観視する文章の中で
>どの記事もオープンソースへの誤解を危惧して書かれたもの
と書いて、世の中は間違ってるみたいな主張をさりげなく入れるのは
ウマイと思うよ(藁

267 :login:Penguin:04/03/06 20:56 ID:T+WnXI9F
>>266
記事の作者の主張であって、>>262の主張では無いはずだが。
無理して曲解しようとしてない?

268 :login:Penguin:04/03/06 21:04 ID:5wJFJp4Q
Sさんって硫黄島の星条旗マンセーのめずらしい日本人なんだよな。
話の筋とは関係ないが‥
それは政治的にはどこに分類されるのだろ?

269 :login:Penguin:04/03/06 21:08 ID:5wJFJp4Q
>>268 はこっちに書くつもりだった。別にいいけど。
http://pc.2ch.net/test/read.cgi/unix/1071230007/l50

270 :login:Penguin:04/03/06 21:10 ID:t9fRoq86
>どの記事も
とか
>誤解を危惧して
とか
読めないのかなぁ

大体、引用もナシで作者の意見とか言われても
『どの記事も誤解を危惧』ってあたりで随分狭い脳内世界をもってる人だ
と思っちゃうんだけど
ま、だからカルト宗教なんだろうけど(藁

271 :login:Penguin:04/03/06 21:10 ID:xGEwcMam
Sってどれ?(NetBSDのMLかどっかにいた右翼?詳しく思い出せない。)


272 :login:Penguin:04/03/06 22:23 ID:iivgQXcH
兄ちゃんじゃないの?

兄ちゃんって、呼びたくないけど。

273 :login:Penguin:04/03/06 22:23 ID:T+WnXI9F
>>270
> 大体、引用もナシで作者の意見とか言われても
とりあえず、「オープンソースの考え方についてまとめたネット記事や雑誌記事」
の中で『誤解を危惧』していない文章があれば、それへの参照が欲しいね。

しかし、GPLがカルト宗教というのには納得するが、
「オープンソース」がカルト宗教というのはよく分からん。

274 :login:Penguin:04/03/06 22:36 ID:5lghvJe+
>>273
すまんが、どの意味で「カルト」を使ってるのかちと教えてくれ。
それによっちゃ「GPLがカルト」発言が納得できないこともあるし。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%88

275 :login:Penguin:04/03/06 22:57 ID:T+WnXI9F
>>274
> すまんが、どの意味で「カルト」を使ってるのかちと教えてくれ。
「宗教色の強い文化活動」の宗教色とは「GPL」が経典のように見えること、
かつ「GPL」に従うプログラム開発活動が「文化活動」と考えています。

つまり、RMSを教祖とする宗教集団のための経典がGPLという考えは、
俺自身「GPL」に共感しているので、「カルト的」と言われれば、
そうかもしれんと納得してしまうってことです。

しかし、リンク先のように「秘教的教義」の「直接指導」ではないので
宗教っぽいと感じる俺も間違っているんだろうな。
モチベーションの維持には苦労してるんでね。

276 :login:Penguin:04/03/07 02:28 ID:aQB0jknq
>>275
それはGPLがカルトなことの説明になってない。
せいぜいフリーソフトウェア運動がカルトな説明の補足程度だな。

277 :login:Penguin:04/03/07 02:29 ID:aQB0jknq
>>271
例のアンチGPLなロリコン野郎だろ。


278 :275:04/03/07 07:26 ID:+xCUVygT
>>276
> それはGPLがカルトなことの説明になってない。
そだよ。俺はそう思っていないから。
「GPLはカルト」と感じる人がいると事実に納得してるだけ。

つーか、他者に対して「カルト」と言い卑しめる行為は、
どういう精神状態の人間が行なうのか分かると思うが。

279 :login:Penguin:04/03/07 10:48 ID:eViuWlIl
あれだろ
OSD認定 = 在日認定みたいなもんだな
だからGPLがOSD認定されるとストールマンは在日認定された中田英寿みたいに
怒るんですよ

280 :login:Penguin:04/03/07 12:51 ID:JJs7467H
そんなmatzの日記でがいしゅつなこと言われても

281 :login:Penguin:04/03/12 08:43 ID:Fo0VXT9E
なんでGPLが「カルト」なのかな。
リチャード・ストールマンはエライと思う。
emacsも作ったし、POSIX規格も提唱したし、
GNUのネーミングセンスは頂けないけど、GPLほど大きくなった
フリーソフトウエア思想って、他にないでしょ。

282 :login:Penguin:04/03/12 12:15 ID:ghydzsSd
釣りかな?

283 :login:Penguin:04/03/12 16:37 ID:iRYsybr1
天然ということにしておこうよ

284 :login:Penguin:04/03/12 20:57 ID:S6D40fyI
RMSは神様ですか。そうですよね。
早くKDEとGNOMEが統合されて、XFree86とfreedesktop.orgも統合されると良いですね。

WindowsやMacOSもGPLになればいいのにね。(マジでRhapsodyとかNeXTSTEP弄りたい…せめてそれだけでも公開してくれませんか>アポー

ところでRMSはJobsと仲いいって本当?


285 :login:Penguin:04/03/14 19:29 ID:P+Zoj8y/
GPLなプログラムを勝手に日本語化して名前変えて(元プログラム名に会社名を冠して)
販売(サーバー組込)してるんですが、日本語化に伴うソースの類は非公開。
やっぱり問題ありまくりですかね?

286 :login:Penguin:04/03/14 19:42 ID:WK/UKF8L
http://2.pro.tok2.com/~mg7/cm/benri.htm


287 :login:Penguin:04/03/14 20:23 ID:4TAEnmUg
>>285
一度も「ソースくれ」って言われたことないなら、問題ないんじゃないかね。
言われたのにあげなかったら、そりゃ問題ありまくりだけど。

288 :login:Penguin:04/03/14 21:36 ID:fJhlYIfh
>>287
激しく( ゚д゚)ポカーン

289 :login:Penguin:04/03/15 02:25 ID:C7DZUte4
>>285
GPL 的にどうこうよりも道義に悖る。

290 :login:Penguin:04/03/15 09:20 ID:skCGhJ9v
元プログラム名に会社名を冠したソフトを探してソース請求して
拒否されたらFSFに通達すれば良いんですかそうですか

291 :login:Penguin:04/03/15 10:46 ID:eUSe8BV+
source 請求できるのは、その software を直接配布された人だけだよ。
配布する人が、配布された人に、要求されれば source も渡すって形になってる。

source も binary も受け取ったことがない人には権利ない。
売り物の source 請求したかったら、まずそれを買わないと。

292 :login:Penguin:04/03/15 11:23 ID:skCGhJ9v
サーバー組込で価格上乗せして「販売してる」んでしょ?
サーバ買った香具師がソース要求すればいい罠。

自分で改良して(元プログラム名に会社名を冠した)ソフトを
ネットにばら撒くもいいし、ソース拒否したら、アメリカの
裁判所で起訴するでもいいし。

大体、GPLのテキストファイルつけてないだろ?ライセンス違反だな。


293 :login:Penguin:04/03/15 12:04 ID:tZDRFNhg
GPLにもとづいてソース頒布を受けることができることを明記してないと
すれば、やはり違反だな。「バレたら出せばいい」わけではない。

あと、「元プログラム名に会社名を冠したソフト」は許可を得ずにやっている
とすれば不正競争防止法違反のおそれがあるな。あまりないとは思うが、元プ
ログラム名が商標登録されていれば商標法にも違反だ。

ってわけで>>285の会社は作者に損害賠償請求されたらかなりヤバい状態に
あると思われる。

294 :login:Penguin:04/03/15 13:49 ID:5NE1SRJX
>>287
4項で出ているのは営利目的以外の話だから、
販売したらソースも渡す必要あり。

295 :login:Penguin:04/03/15 15:09 ID:OhEOCsts
ま、ネタって事で

296 :285:04/03/15 16:23 ID:/2418ryK
お騒がせしております。285であります。
実のところ、他板にてGPL違反を指摘されLinux板でお尋ねした次第です。
現在、ソース配布の手段を検討しております。


297 :login:Penguin:04/03/15 17:41 ID:z+UT13ll
>>291
バイナリまたは実行形式を購入していなくとも
GPLの派生物ならソースコードを先に請求できます。

GPLの「複製、頒布、改変に関する条件と制約」第3項参照。

>>285
> 現在、ソース配布の手段を検討しております。
どこかのftpサイトにひっそり置いておけばいいじゃないですか。
ip-reachableなら公開したことになる。

298 :login:Penguin:04/03/15 17:49 ID:tZDRFNhg
>>297
純粋に質問なのだが、そんなこと第3項のどこに書いてある?

それと「ひっそり置いておけば」の意味がよくわからんが、配布した相手には
ソースの在処を明示的に伝える必要があるぞ。第4項だな。

299 :login:Penguin:04/03/15 17:54 ID:z+UT13ll
>>298
ソースコードのなんらかの手段による頒布を保証して
初めてバイナリを複製頒布できるんでっせ。

「バイナリ買わないとソース渡さないと条件をつけても良い」
っていう論拠はどこなん??

300 :login:Penguin:04/03/15 18:05 ID:tZDRFNhg
>>299
おいおい。それは無茶苦茶だよ。つっかかられても困るんだが。

バイナリを頒布する権利を行使するためにはいっしょにソースをわたすことを
要求しているけど、ソースだけは誰に要求されても出さなきゃいかんなんてこ
とは一言も書いていないよ。

GPLが言っているのは売ってもいいけどソースもいっしょにわたす、で、受け
とった人がソースを(GPLで許可された範囲で)どう扱おうと(同じバイナリを作
成して無料で頒布をしようとも)文句をいわない、というところまで。

バイナリを頒布するときに提供するソースを事前に用意しておかなければい
けないという話と、ソースを事前に提供しなければならないという話とを
混同してるだろ。


301 :login:Penguin:04/03/15 18:14 ID:z+UT13ll
>>300
っつーことは、
「最初の公開時に300万円の値をつけてGPLソフトを販売」
ってやればGPLで商売ができますね。

細かくアップデートしながら公開すれば300万円ずつ稼げる。

302 :login:Penguin:04/03/15 18:40 ID:tZDRFNhg
>>301
どこまで考えて言っているのかわからん(たぶん何か勘違いしてそう。。。)が、
・頒布者がそのソフトの作者である場合→可能
・そうでない場合→「独自の保証を行う場合」(第2項)は可能
が答え。
ソフトウェアをそのまま、あるいは派生物にを「独自の保証」をあたえずに
頒布するだけの場合は実費のみ。

前者については、売り物にしようというのにGPL、というあたりがあまり合理
的でないが、著作権者が正当な権利を行使しているだけだから何の問題もない。
極端な話、ソースをださなくてもGPLそのものに対しては違反にはならない(あ
くまで頒布するのがおおもとの作者本人である場合。派生物の作者はダメ)。

後者については「独自の保証」はあくまで頒布者と直接頒布を受けた者の間で
の契約であって、この保証は(別途定めないかぎりは)GPL的に伝播していった
りはしない。したがって「最初」だけということはない。


303 :login:Penguin:04/03/15 18:41 ID:tZDRFNhg
×派生物にを
×派生物を

304 :login:Penguin:04/03/15 18:42 ID:tZDRFNhg
なにやってんだ俺。

×派生物にを
○派生物を

305 :login:Penguin:04/03/15 19:09 ID:z+UT13ll
>>302
そりゃもちろん
・頒布者がそのソフトの作者である場合→可能
・そうでない場合→「独自の保証を行う場合」(第2項)は可能
ですよ。

ただ売り物になるのは最初の1コピーのみ。
ソースを公開したらリビルドしてkddlabあたりに流されれば
誰も買わなくなる。

306 :login:Penguin:04/03/15 19:12 ID:tZDRFNhg
>>305
だから合理的でないと言っとるがな。

これも繰り返しになるが、後者については「1コピーのみ」と言えないよね。
頒布を受けた人間がkddlabあたりに流したところで、「独自の保証」
までついてくるわけじゃないから。


307 :login:Penguin:04/03/15 20:47 ID:z+UT13ll
>「独自の保証」
サブライセンスは無効ですがなにか?4項ね。

308 :login:Penguin:04/03/15 23:01 ID:C7DZUte4
サポートとかでしょ。

309 :login:Penguin:04/03/15 23:51 ID:z+UT13ll
> サポートとかでしょ。
ソフトウエア自身じゃなくてサービスに対して対価を支払ってるだけね。

310 :login:Penguin:04/03/16 01:32 ID:6XIsy4s9
>ID:z+UT13ll
おまえ文章の読解力まったくないだろ。
法律関係には手をださないほうがいいぞ。
「これ実は合法!」とか言いながらまったく違法行為に手を染める危険があるように見える。


311 :login:Penguin:04/03/18 00:16 ID:TPC71vlC
                  ,..-──- 、
                /. : : : : : : : : : \
               /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ    
               ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
              {:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}
                 {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}
.         , 、      { : : : :|   ,.、   |:: : : :;!
        ヽ ヽ.  _ .ヾ: :: :i r‐-ニ-┐ | : : :ノ    お前ら、ちょっとWikiまでこい!
          }  >'´.-!、 ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′
          |    −!   \` ー一'´丿 \
         ノ    ,二!\   \___/   /`丶、     http://wiki.osdev.info/
        /\  /    \   /~ト、   /    l \  http://osdev-j.sourceforge.jp/
       / 、 `ソ!      \/l::::|ハ/     l-7 _ヽ
      /\  ,へi    ⊂ニ''ー-ゝ_`ヽ     |_厂 _゙:、
      ∧   ̄ ,ト|    >‐- ̄`    \.  | .r'´  ヽ、
     ,ヘ \_,. ' | |    丁二_     7\、|イ _/ ̄ \
     i   \   ハ??@      |::::|`''ー-、,_/  /\_  _/⌒ヽ

312 :login:Penguin:04/03/19 13:24 ID:PRBD2n+v
NYSL(煮るなり焼くなり好きにしろライセンス)
http://www.kmonos.net/nysl/

名前にワロタ

313 :login:Penguin:04/03/19 19:43 ID:49j/CQnX
煮るなり焼くなりシル!

314 :login:Penguin:04/03/20 00:28 ID:lMXXcQ/T
俺もその名前大好きw

95 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)